2019年4月14日 3回中山8日目

12R 春興ステークス

[指定],(混),4歳以上,1600万円以下,ハンデ

1600m (芝B・右外) 曇・良

推定タイム ※

厩舎の話



馬 名
厩舎の話

1

1トロワゼトワル

○トロワゼトワル(53キロでメドを)  安田隆師――急な乗り替わりでもうまく力を引き出してくれました。もともと素質は買っている馬で、ハンデもいいので、メドが立てば。

1

2イレイション

◎イレイション(何とかしたい)  池上和師――勝負どころの反応が少し渋く、逃げ馬にうまく乗られてしまったが、準オープンでも十分やれるところを見せてくれた。中間も至って順調。ここは何とかしたい。

2

3テンクウ

△テンクウ(使った方が)  奥村武師――右トモの疲れが抜け切らずに休養が長引いたが、時間をかけて調整してきた。少しずつ良くなっているが、使った方が良さそう。