ニュース

海外 その他

伏兵サーウィンストンが戴冠、日本のマスターフェンサーは5着

2019年06月19日 10時09分

ベルモントS(米G1)
8番手を進んだサーウィンストン(JRAで単勝8人気、現地で5人気)が、経済コースを通って4コーナーで3番手に上昇。コーナーワークを利して直線一気に抜け出して優勝し、三冠最後のタイトルを手にした。

※詳報は週刊競馬ブックの海外競馬ニュースに記載しております。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外