2021年3月20日 2回中山7日目

10R 韓国馬事会杯

(特指),(混),4歳以上,3勝クラス,定量

1800m (ダート・右) 曇・良

推定タイム ※

レース結果

着順



M
y

馬名

性齢 騎手 斤量

厩舎  通過順位

タイム
上り3F
着差
馬体重
単勝
人気
1

6

11

マサハヤニース

牡6   森一  57

今野

    ****

1.53.2

(38.6)

482(-4)

12.0

6人気

2

3

6

ファイアランス

牡4   石橋脩  57

高橋祥

    ****

1.53.8

(40.0)

3 1/2

496(0)

4.9

2人気

3

4

8

デルマオニキス

牡4   横山和  57

勢司

    ****

1.54.0

(38.3)

1 1/4

478(-2)

11.4

5人気

4

7

13

バンブトンハート

牝5   柴田善  55

粕谷

    ****

1.54.1

(39.1)

3/4

498(0)

45.6

11人気

5

6

12

トランスナショナル

牡5   三浦  57

田村

    ****

1.54.2

(39.5)

3/4

492(-2)

3.5

1人気

6

5

9

アーバンイェーガー

牡7   吉田豊  57

高橋文

    ****

1.54.3

(39.4)

1/2

514(-4)

60.4

14人気

7

2

4

キャンディスイート

牝5   横山典  55

中川

    ****

1.54.4

(39.5)

クビ

482(+2)

6.9

4人気

8

1

2

ラージヒル

牡5   丸山  57

    ****

1.54.6

(40.5)

1 1/2

478(-2)

73.6

15人気

9

2

3

サクラルーフェン

牡5    57

尾関

    ****

1.54.8

(40.3)

1 1/4

448(-10)

56.4

13人気

10

8

15

レトロフィット

牝5   大野  55

伊藤圭

    ****

1.55.0

(39.3)

1 1/4

496(+2)

30.7

10人気

11

7

14

フラワーストリーム

セン6   野中  57

池上和

    ****

1.55.6

(40.3)

3 1/2

464(-2)

151.0

16人気

12

3

5

ケルティックソード

牡8   内田博  57

新谷

    ****

1.55.8

(40.8)

1 1/2

494(-2)

51.1

12人気

13

8

16

ホッコーアカツキ

牡4   田中勝  57

畑端

    ****

1.55.9

(41.5)

3/4

508(-8)

19.8

8人気

14

1

1

キャノンバローズ

セン5   北村宏  57

斉藤崇

    ****

1.57.2

(43.3)

8

448(-6)

6.5

3人気

15

5

10

カフジキング

牡8   岩田望  57

中竹

    ****

1.57.7

(43.2)

2 1/2

462(+6)

20.8

9人気

16

4

7

トゥザフロンティア

牡6   石川裕  57

池江寿

    ****

1.58.1

(44.0)

2 1/2

526(0)

13.5

7人気

払戻金
単勝 11 1,200円
複勝 11
6
8
350円
190円
330円
枠連 3-6 830円
馬連 6-11 3,560円
馬単 11-6 8,560円
ワイド 6-11
8-11
6-8
1,160円
1,560円
1,080円
3連複 6-8-11 9,620円
3連単 11-6-8 70,890円

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****

ラップタイム

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.6 11.6 12.7 12.6 12.0 12.3 12.8 12.9 13.7
  • インタビュー
  • 次走へのメモ

インタビュー

 マサハヤニース(1着)森一騎手 ゲートを上手に出て道中は内に入れてリズム良く運べました。追ってからも手応え通りにしっかり伸びて強い競馬をしてくれました。競馬で乗るのは初めてでしたが、中間の調教に乗って状態の良さは感じていたので自信を持って乗りました。

次走へのメモ

マサハヤニース……歩様は硬い。中団の内から勝負どころでスルスルと前に接近。そこで少し前がゴチャついて、却って脚がたまった。後続を振り切って逃げていた2着馬を、交わして突き放してしまった。中山も好相性のようだ。

9R

11R