ニュース

中央 アラカルト

毎日王冠アラカルト

2020年10月11日 17時29分

1着サリオス ルメール騎手
2着ダイワキャグニー 内田博騎手
3着サンレイポケット 荻野極騎手
①サリオス
 本レースは初勝利。JRA重賞は昨年の朝日杯FS以来の勝利で本年初勝利、通算3勝目。通算成績は6戦4勝。馬名の意味は「ローマ神話に登場する戦闘の踊りの発明者。母名より連想」。
【3歳馬】
 2019年(ダノンキングリー)に続く2年連続の勝利で通算12勝目。
【関東馬】
 2018年(アエロリット)、2019年(ダノンキングリー)に続く3年連続の勝利で、本年を含む通算成績は関東馬52勝、関西馬18勝、外国馬1勝。
【牡馬】
 2019年(ダノンキングリー)に続く2年連続の勝利で通算60勝目。
【単勝1番人気馬】
 2018年(アエロリット)、2019年(ダノンキングリー)に続く3年連続の勝利で通算26勝目。
【着差】
 3馬身以上での勝利は1969年(タケシバオー)の3馬身半以来、51年ぶり。グレード制導入、かつ現在の距離で行われるようになってからは最大着差での勝利。
②クリストフ・ルメール騎手
 本レースは初勝利。JRA重賞は先週のシリウスS(カフェファラオ)、スプリンターズS(グランアレグリア)に続く2週連続の勝利で本年11勝目、通算101勝目。
③堀宣行師
 本レースは2010年(アリゼオ)、2011年(ダークシャドウ)に続く勝利で通算3勝目。本レース3勝は藤沢和雄師と並ぶ現役最多記録。JRA重賞は先週のシリウスS(カフェファラオ)に続く2週連続の勝利で本年4勝目、通算58勝目。
④ハーツクライ産駒
 本レースは初勝利。JRA重賞は本年の小倉サマージャンプ(スプリングボックス)以来の勝利で本年4勝目、通算も62勝目。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外