ニュース

中央 アラカルト

ダートで重賞制覇を目指す芝の重賞勝馬、タイムフライヤー、クリンチャーがマーチSに登録

2020年03月25日 13時59分

今年のマーチS(GⅢ)には、芝の重賞勝ち馬2頭が登録している。タイムフライヤー(牡5歳、栗東・松田国厩舎)は、17年のホープフルS(GI)に優勝し、クラシック路線を進んだが、昨年8月以降はダート戦に出走を続けており、前走のフェブラリーS(GI)では5着に入っている。またクリンチャーは、18年の京都記念(GⅡ)勝ち馬で、同年には凱旋門賞(GⅠ)に挑戦するなど、芝の中・長距離路線で活躍してきた。同馬はデビュー19戦目にして初のダート戦出走となった前走の仁川S(L)で2着に好走した。さて、タイムフライヤー、クリンチャーは芝に続いてダートでも重賞タイトルを手にすることができるかどうか。なお、クリンチャーはトップハンデタイの57.5Kを背負う。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外