ニュース

中央 アラカルト

チューリップ賞で好成績を挙げる関東勢、母子制覇狙うショウリュウハルにも注目

2020年03月04日 13時45分

近年のチューリップ賞(GⅡ)は、関東馬の好走が目立っており、過去5年では2勝、2着1回という成績を挙げている。今年の関東勢は、阪神JF(GI)2着のマルターズディオサ(美浦・手塚厩舎)、フェアリーS(GⅢ)を制したスマイルカナ(美浦・高橋祥厩舎)など4頭の関東馬が登録しているが、好成績を挙げることができるかどうか。また、昨年11月の白菊賞(1勝クラス)を勝ったショウリュウハル(栗東・佐々木晶厩舎)の母は、10年のチューリップ賞勝馬ショウリュウムーンで、同レースの母子制覇がかかる。母のショウリュウムーンは、チューリップ賞で前年の“2歳女王”アパパネを破り、重賞初制覇を飾ったが、ショウリュウハルも“2歳女王”レシステンシアなどの強敵を破り、初の重賞タイトルを手にすることができるかどうか。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外