ニュース

中央 アラカルト

フェブラリーSアラカルト

2020年02月23日 18時04分

1着モズアスコット ルメール騎手
2着ケイティブレイブ 長岡騎手
3着サンライズノヴァ 松山騎手
①モズアスコット
 本レースは初勝利。JRAGⅠは2018年安田記念以来の勝利で通算2勝目。JRA重賞は本年の根岸Sに続く勝利で本年2勝目、通算3勝目。通算成績は21戦7勝(うち海外1戦)。馬名の意味は「冠名+イギリスの競馬場の名前」。
【芝・ダートGⅠ双方優勝】
 史上5頭目の芝・ダートGⅠ双方優勝馬となった。
【ダート戦最少キャリア】
 モズアスコットはダート戦キャリア1戦1勝で勝利したが、これは2005年(メイショウボーラー)の2戦2勝を抜くダート戦最少キャリアでの優勝となった。
【単勝1番人気馬】
 2019年(インティ)に続き2年連続の勝利で通算11勝目。
【6歳馬】
 2018年(ノンコノユメ)以来、2年ぶりの勝利で通算5勝目。
【関西馬】
 2019年(インティ)に続き2年連続の勝利で本年を含む通算成績は関東馬3勝、関西馬20勝、地方馬1勝。
【外国産馬】
 2016年(モーニン)以来、4年ぶりの勝利で通算5勝目。
【6枠の馬】
 2018年(ノンコノユメ)以来、2年ぶりの勝利で通算4勝目。
【馬番12番の馬】
 2018年(ノンコノユメ)以来、2年ぶりの勝利で通算4勝目。4勝は馬番14番に並ぶ本レース最多タイの勝利数。
②クリストフ・ルメール騎手
 本レースは初勝利。JRAGⅠは2019年天皇賞秋(アーモンドアイ)以来の勝利で通算28勝目。JRA重賞は先週の共同通信杯(ダーリントンホール)に続く本年4勝目、通算94勝目。
③矢作芳人師
 本レースは初勝利。JRAGⅠは2019年有馬記念(リスグラシュー)、2019年ホープフルS(コントレイル)に続き、実施機会3連勝で通算10勝目。JRAGⅠの実施機会3連勝はグレード制導入以降、2004年の松田国英調教師以来のことで史上2人目。JRA重賞は本年の根岸Sを同馬で制して以来、本年2勝目で通算40勝目。
④Frankel産駒
 本レースは初勝利。JRAGⅠは2018年安田記念(モズアスコット)以来の勝利で通算4勝目。JRA重賞は本年の根岸S(モズアスコット)以来の勝利で本年2勝目、通算7勝目。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外