ニュース

中央 アラカルト

“GⅠ馬の妹”2頭がクイーンCに出走予定、ホウオウピースフル、ルナシオン

2020年02月12日 15時51分

新馬→百日草特別(1勝クラス)を連勝したホウオウピースフル(美浦・大竹正博厩舎)が、クイーンC(GⅢ)で重賞初制覇を目指す。同馬は父オルフェーヴル、母ツルマルワンピースという血統で、2018年の有馬記念(GⅠ)を制したブラストワンピースの妹にあたる。兄のブラストワンピースはデビューから2連勝で臨んだ毎日杯(GⅢ)で重賞初制覇を果たしたが、ホウオウピースフルも同じようにデビューから3連勝で重賞タイトルを手にすることができるかどうか。また、昨年10月14日の新馬戦1着以来の出走となるルナシオン(美浦・藤沢和雄厩舎)は、父ディープインパクト、母ピラミマという血統で、GⅠ2勝馬スワーヴリチャードの妹にあたる。キャリア1戦の馬がクイーンCを勝てば、2000年フューチャサンデー以来、20年ぶり4頭目となるが、ルナシオンは新馬→重賞の連勝を決め、牝馬クラシック戦線の主役候補に名乗りをあげることができるかどうか。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外