ニュース

中央 アラカルト

東海S連覇を目指すインティ、リーディング首位・寺島師にも注目

2020年01月23日 11時09分

インティ(牡6歳、栗東・野中厩舎)が史上3頭目の東海S(GⅡ)連覇を目指す。同馬は、デビュー2戦目の未勝利戦で勝ち上がると、その後は連勝を伸ばし、昨年の東海Sを制覇。続くフェブラリーS(GI)も制し、初勝利から7連勝でGIタイトルを手にした。インティはフェブラリーS以降未勝利で、前走のチャンピオンズC(GI)では3着だったが、昨年制した東海Sで約11カ月ぶりの勝利を挙げることができるかどうか。
また、チャンピオンズC5着のキングズガード(牡9歳、栗東・寺島厩舎)も東海Sに出走予定。同馬が勝てば、史上6回目の9歳以上馬によるJRA平地重賞制覇となるが、17年プロキオンS(GⅢ)以来、約2年半ぶりの重賞制覇を飾ることができるかどうか。なお、同馬を管理する寺島師(栗東)は、今年のJRA競走で6勝を挙げており、1月20日現在の調教師リーディングでトップに立っている。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外