ニュース

  • 中央 アラカルト

    新種牡馬リーディング首位を独走中、重賞初制覇を狙うジャスタウェイ産駒

    <br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">今年、産駒がデビューした新種牡馬のジャスタウェイは、10月29日現在、JRAで11頭が勝ち上がり、計13勝をマークしており、新種牡馬リーディングで2位以下に大きく差をつけて首位に立っている。ジャスタウェイ産駒は、アウィルアウェイ(栗東・高野厩舎)が京王杯2歳S(GⅡ)とファンタジーS(GⅢ)に登録。ラブミーファイン(栗東・田所秀厩舎)がファンタジーSに登録しているが、同産駒初のJRA重賞制覇を遂げることができるかどうか。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">また、2歳種牡馬成績で激しいトップ争を繰り広げているディープインパクト、ロードカナロアも、今週の2歳重賞に産駒が登録している。。ディープインパクト産駒は、ファンタジーSにダノンファンタジー(栗東・中内田厩舎)が登録。ロードカナロア産駒は京王杯2歳S(GⅡ)にファンタジスト(牡、栗東・梅田智厩舎)、ファンタジーSにレーヴドカナロア(栗東・斉藤崇厩舎)の登録があり、ココフィーユ(美浦・斎藤誠厩舎)は両レースに登録しているが、重賞勝利を挙げ2歳リーディングサイヤーの座に前進することができるかどうか。</span></font><br><br>

    2018年10月31日 15時06分

  • 中央 アラカルト

    天皇賞(秋)アラカルト

    1着レイデオロ ルメール騎手<br>2着サングレーザー モレイラ騎手<br>3着キセキ 川田騎手<br>①レイデオロ<br> 本レースは初挑戦で初勝利。JRAGⅠは2017年の日本ダービー以来、通算2勝目。JRA重賞は本年のオールカマーに続く本年2勝目で通算5勝目。通算成績は11戦7勝(うち海外1戦0勝)。馬名の意味は『黄金の王(スペイン語)。父名、母名より連想』。<br>【単勝2番人気】<br> 1997年(エアグルーヴ)以来21年ぶりの勝利で通算16回目。<br>【関東馬】<br> 2016年(モーリス)以来2年ぶりの勝利。2000mとなった1984年以降では関東馬16勝、関西馬19勝。<br>【4歳馬】<br> 2013年(ジャスタウェイ)以来5年ぶりの勝利で通算50勝目。<br>【牡馬】<br> 2011年(トーセンジョーダン)から8年連続の勝利で通算65勝目。<br>②クリストフ・ルメール騎手<br> 本レースは初勝利。JRAGⅠは秋華賞(アーモンドアイ)、菊花賞(フィエールマン)に続く3週連続の勝利で本年6勝目、通算20勝目。JRAGⅠ年間6勝はグレード制を導入した1984年以降最多トップタイ。JRA重賞は前週の菊花賞(フィエールマン)に続く本年18勝目で通算72勝目。<br>③藤沢和雄師<br> 本レースは2014年(スピルバーグ)以来4年ぶりの勝利で通算6勝目。JRAGⅠは2017年の日本ダービー(レイデオロ)以来、通算27勝目。JRA重賞は前日のアルテミスS(シェーングランツ)に続き本年7勝目で通算111勝目。<br>④キングカメハメハ産駒<br> 本レースは2015年(ラブリーデイ)以来3年ぶり通算2勝目。JRAGⅠは本年の宝塚記念(ミッキーロケット)以来の本年2勝目、通算22勝目。JRA重賞は本年の東京ハイジャンプ(サーストンコラルド)以来の本年9勝目で通算108勝目。<br><br>

    2018年10月28日 17時52分