ニュース

  • 中央 アラカルト

    エリザベス女王杯アラカルト

    1着リスグラシュー モレイラ騎手<br>2着クロコスミア 岩田騎手<br>3着モズカッチャン M.デムーロ騎手<br>①リスグラシュー<br> JRAGⅠは8度目の挑戦で初勝利。JRA重賞は本年の東京新聞杯以来、本年2勝目で通算3勝目。通算成績は16戦4勝。馬名の意味は『優美な百合(仏)。母名より連想』。<br>【単勝3番人気】<br> 2016年(クイーンズリング)以来2年ぶり5回目。<br>【関西馬】<br> 2016年(クイーンズリング)、2017年(モズカッチャン)に続く3年連続16回目。<br>【クビ差】<br> 2014年から5年連続。直近10年では7回目。<br>【JRAGⅠ初制覇をエリザベス女王杯で達成】<br> 昨年のモズカッチャンに続く5年連続で通算8回目。<br>②ジョアン・モレイラ騎手<br> 本レースは初騎乗で初勝利。JRAGⅠは6度目で初勝利。JRA重賞は本年の毎日王冠(アエロリット)以来、本年3勝目で通算3勝目。<br>③矢作芳人師<br> 本レースは2回目で初勝利。JRAGⅠは本年の安田記念(モズアスコット)以来、本年2勝目で通算5勝目。JRA重賞は本年の新潟ジャンプS(タイセイドリーム)以来、本年5勝目で通算31勝目。<br>④ハーツクライ産駒<br> 本レースは9頭目で初勝利。JRAGⅠは本年の大阪杯(スワーヴリチャード)以来、本年2勝目で通算8勝目。JRA重賞は本年の富士S(ロジクライ)以来、本年7勝目で通算48勝目。<br><br>

    2018年11月11日 17時52分

  • 中央 アラカルト

    福島記念アラカルト

    1着スティッフェリオ 丸山騎手<br>2着マイスタイル 田中勝騎手<br>3着エアアンセム 田辺騎手<br>①スティッフェリオ<br> 本レースは初挑戦で初勝利。JRA重賞は4回目で初勝利。通算成績は19戦6勝。馬名の意味は『オペラ作品名(近年発見され蘇った名作でシリアスな内容)』。<br>【単勝2番人気】<br> 2017年(ウインブライト)に続く2年連続の勝利で通算8勝目。<br>【関西馬】<br> 2015年(ヤマカツエース)以来3年ぶりの勝利。本年を含む過去10年は関西馬3勝、関東馬7勝。<br>【4歳馬】<br> 2016年(マルターズアポジー)以来2年ぶりの勝利で通算17勝目。<br>②丸山元気騎手<br> 本レースは8回目で初勝利。JRA重賞は2016年のニュージーランドT(ダンツプリウス)以来2年ぶりの勝利で通算4勝目。<br>③音無秀孝師<br> 本レースは6頭目で初勝利。JRA重賞は前日の武蔵野S(サンライズノヴァ)に続く2日連続の勝利で本年4勝目、通算67勝目。<br>④ステイゴールド産駒<br> 本レースは2017年(ウインブライト)に続く2年連続の勝利で通算3勝目。JRA重賞は本年のアルゼンチン共和国杯(パフォーマプロミス)以来、本年8勝目で通算95勝目。<br><br>

    2018年11月11日 17時01分

  • 中央 アラカルト

    武蔵野Sアラカルト

    <br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">1着サンライズノヴァ 戸崎騎手</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">2着クインズサターン 四位騎手</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">3着ナムラミラクル ルメール騎手</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">①サンライズノヴァ</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> JRA重賞は2017年ユニコーンS以来の勝利で通算2勝目。通算成績18戦7勝(うち地方1戦)。馬名の意味は「冠名+新星」。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">【関西馬の勝利】</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 2017年のインカンテーションに続く3年連続の勝利。全23回では関西馬19勝、関東馬4勝。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">【単勝1番人気】</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 2013年(ベルシャザール)以来、5年ぶりの勝利で通算6勝目。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">【4歳馬の勝利】</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 2010年グロリアスノア以来、8年ぶりの勝利で通算2勝目。年齢別では5歳馬が8勝で最多。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">②戸崎圭太騎手</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 本レースは2010年(グロリアスノア)以来、8年ぶりの勝利で通算2勝目。JRA重賞はエプソムC(サトノアーサー)以来の勝利で本年6勝目、通算47勝目。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">③音無秀孝師</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 本レースは2005年(サンライズバッカス)以来13年ぶりの勝利で通算2勝目。JRA重賞は宝塚記念(ミッキーロケット)以来の勝利で本年3勝目、通算66勝目。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">④ゴールドアリュール産駒</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 本レースは初勝利。JRA重賞は先週JBCスプリントをグレイスフルリープで制したのに続く本年2勝目で通算21勝目。現在東京競馬場で実施されているダート重賞4レースをすべて勝利。これはノンコノユメですべて勝利したトワイニングに続く2頭目。</span></font><br><br>

    2018年11月10日 17時55分

  • 中央 アラカルト

    デイリー杯2歳Sアラカルト

    <br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">1着アドマイヤマーズ Mデムーロ騎手</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">2着メイショウショウブ 池添騎手</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">3着ハッピーアワー 秋山騎手</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">①アドマイヤマーズ</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 新馬戦、中京2歳Sを連勝してきたアドマイヤマーズがJRA重賞初勝利。通算成績3戦3勝。馬名の意味は「冠名+火星」。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">【牡馬の勝利】</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 昨年のジャンダルムに続いて2年連続37頭目。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">【単勝1番人気】</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 2010年(レーヴディソール)以来、8年ぶり20頭目の勝利。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">【無敗馬の勝利】</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 2015年エアスピネル、2016年ジューヌエコール、昨年のジャンダルムに続く4年連続で27頭目。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">②ミルコ・デムーロ騎手</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 同レースは初勝利。JRA重賞は本年のスワンSをロードクエストで制したのに続く本年11勝目で通算84勝目。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">③友道康夫師</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 同レースは初勝利。JRA重賞は本年の神戸新聞杯をワグネリアンで制したのに続く本年3勝目で通算36勝目。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">④ダイワメジャー産駒</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"> 同レースは初勝利。JRA重賞は本年のキーンランドCをナックビーナスで制したのに続く本年4勝目で通算31勝目。</span></font><br><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;"><br></span></font>

    2018年11月10日 17時33分

  • 中央 その他

    クラックスマンが首位タイへ

    <br><span style="font-size: 13.3333px; font-family: Arial, Verdana;">IFHA(国際競馬統括機関連盟)より本年1月1日から11月4日までのロンジンワールドベストレースホースランキング(120以上の55頭)が発表された。首位はクラックスマンとウィンクスの2頭で130。前回の発表で7位タイ(125)だったクラックスマンは英チャンピオンステークスを6馬身差で圧勝しトップタイへ。昨年も7馬身差で勝利したが、130は昨年と同じ評価となる。ウィンクスはコックスプレートを勝って4連覇を遂げ、同時に29連勝、GⅠ通算22勝を記録。本年の中間発表では3月の第1回から9回連続でトップとなっている。3位にガンランナー(128)、4位タイはポエッツワードとロアリングライオン(127)。ブリーダーズカップの出走馬はクラシックを勝ったアクセラレイトが126で6位タイ、ターフを勝ったエネイブルが125で9位につけた。日本調教馬はこれまでのスワーヴリチャード(121、28位タイ)、ミッキーロケット(120、38位タイ)に加え、天皇賞(秋)1着のレイデオロが123で13位タイ、2着のサングレーザーが120で38位タイに入った。</span><br><span style="font-size: 13.3333px; font-family: Arial, Verdana;"><br></span><br><br>

    2018年11月09日 16時11分