2020年5月24日 2回東京10日目

11R 第81回 優駿牝馬(GI)

(指定),牝馬(国際),3歳,オープン,55KWIN5 

2400m (芝B・左) 晴・良

推定タイム ※

前走の勝因敗因



馬 名
前走の勝因敗因

1

1 デゼル

 デゼル(1着)レーン騎手 まだ2戦目なんですが、ポテンシャルの高さを見せてくれました。スタートは普通に出たし、ポジションというよりも折り合いを重視していたんですが、スイッチのオフがうまくて折り合いをつけやすかったです。直線でもよく反応してくれました。今日のレース内容なら2400メートルでも問題ないと思います。よく走ってくれました。

1

2 クラヴァシュドール

 クラヴァシュドール(4着)M.デムーロ騎手 いい走りでしたが、3~4角で狭くなるところがあって、馬がビビッてしまいました。もったいなかったです。

2

3 アブレイズ

 アブレイズ(1着)藤井騎手 昨年からJRAのジョッキーにならせてもらい、日本のこの舞台で騎乗する機会をいただきました。結果を出すことができて、本当に素晴らしいことだと思います。この馬には前走も乗せてもらいましたし、調教にも乗って癖を掴んでいました。キャリア1戦ですし、スタートが良ければ前に行きたいと思っていたんです。まだ2戦2勝で底を見せていませんし、これからが楽しみです。
池江寿調教師
 外めの枠でしたし、行く馬を行かせて前を見ながら運ぼうと話していました。ペースが速くて厳しいかと思いましたが、よく踏ん張ってくれましたね。使って体が増えていたし、馬が良くなっていました。この馬の3代母のリリオという馬は僕が助手時代にオーナーにセリで落としてもらった馬なんです。ブラッドスポーツの醍醐味ですね。この勝利は本当に嬉しくて気持ちが昂っています。この後は桜花賞、オークスに向かう予定です。

前へ

次へ

開催当日情報

その他の情報