2019年4月28日 2回東京4日目

11R スイートピーステークス(L)

(指定),牝馬(国際),3歳,オープン,馬齢WIN5 

1800m (芝A・左) 晴・良

推定タイム ※

前走の勝因敗因



馬 名
前走の勝因敗因

1

1 サムシングジャスト

 サムシングジャスト(2着)松山騎手 脚をタメてラストはいい脚を使ってくれました。3角で外を回らされるロスがあったので、その分の差だと思います。

2

2 シングフォーユー

 シングフォーユー(1着)石橋脩騎手 力があるのはわかっていました。どこからでも競馬はできますし、ペースさえ間違わなければ大丈夫だと思っていました。馬場状態を考えてハナへ行きましたが、最後まで余裕があって強い勝ち方でした。こういうタイミングで乗せていただいて感謝しています。

3

3 アフランシール

 アフランシール(8着)田辺騎手 正直悔しいですね。1角の入りで挟まれてポジションが下がってしまったし、直線でも仕掛けを待たされる形になりました。課題の折り合いはついたし、ジリジリと脚を使いそうな感じがあったので残念です。流れが悪かったですね。上位に来た可能性はあったと思います。

前へ

次へ

開催当日情報

その他の情報