2021年6月5日 3回東京1日目

11R アハルテケステークス

(特指),国際,3歳以上,オープン,別定

1600m (ダート・左) 曇・重

推定タイム ※

レース結果

着順



M
y

馬名

性齢 騎手 斤量

厩舎  通過順位

タイム
上り3F
着差
馬体重
単勝
人気
1

5

10

オメガレインボー

牡5  横山和 57

安田翔

    ****

1.35.0

(35.4)

458(-4)

6.0

3人気

2

5

9

テーオーターゲット

牡5  大野 56

吉岡

    ****

1.35.0

(35.8)

クビ

506(-2)

6.1

4人気

3

4

8

デアフルーグ

牡5  横山武 56

鈴木伸

    ****

1.35.1

(35.2)

1/2

508(0)

20.8

8人気

4

7

14

メイショウウズマサ

牡5  斎藤 57

安田隆

    ****

1.35.1

(36.6)

クビ

500(+2)

36.3

12人気

5

2

3

アヴァンティスト

牡5  石橋脩 57

渡辺

    ****

1.35.2

(36.2)

1/2

468(-4)

25.9

9人気

6

2

4

サンダーブリッツ

牡4  横山典 57

久保田

    ****

1.35.3

(35.7)

クビ

502(0)

3.9

1人気

7

6

12

デュードヴァン

牡4  ルメール 57

加藤征

    ****

1.35.4

(35.6)

1/2

474

5.0

2人気

8

8

15

ブランクエンド

牡5  木幡巧 57

加藤征

    ****

1.35.5

(35.5)

3/4

490(+6)

132.8

15人気

9

4

7

グローリーグローリ

牡6  国分恭 57

五十嵐

    ****

1.35.6

(36.8)

1/2

506(0)

11.5

6人気

10

6

11

ケイアイパープル

牡5  柴田大 57

村山

    ****

1.35.8

(35.9)

1 1/4

504(-6)

33.8

10人気

11

7

13

メイクハッピー

牝5  Mデムー 56

新開

    ****

1.35.8

(36.6)

ハナ

498(+7)

17.3

7人気

12

1

2

ノーヴァレンダ

牡5  菅原明 57

斉藤崇

    ****

1.36.0

(36.7)

3/4

534(0)

77.3

14人気

13

8

16

バーンスター

牡5  丸山 57

    ****

1.36.1

(36.6)

3/4

500(-4)

60.6

13人気

14

3

6

ゴライアス

牡6  三浦 57

高木登

    ****

1.37.5

(38.7)

9

510(+4)

152.0

16人気

15

3

5

フォーテ

牡4  戸崎 57

藤原英

    ****

1.38.6

(39.5)

7

502(-6)

33.9

11人気

16

1

1

サンライズソア

牡7  田辺 58

河内

    ****

1.38.7

(39.9)

1/2

506(-4)

9.2

5人気

払戻金
単勝 10 600円
複勝 10
9
8
230円
210円
460円
枠連 5-5 2,090円
馬連 9-10 2,010円
馬単 10-9 3,500円
ワイド 9-10
8-10
8-9
700円
1,850円
1,700円
3連複 8-9-10 10,580円
3連単 10-9-8 47,550円

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****

ラップタイム

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.3 10.8 11.6 11.9 11.9 11.8 12.0 12.7
  • 勝因敗因
  • 次走へのメモ

勝因敗因

 オメガレインボー(1着)横山和騎手 返し馬から凄くいいと感じていて、前走と比べ物にならないぐらい良かったです。直線までじっとして、最後は人も馬も狭いところを割れる自信がありましたからね。凄くいい競馬ができました。

次走へのメモ

オメガレインボー……シャドーロール。仕上がり良好。出たなりに脚をためて後方待機策。直線は1頭分の狭いスペースから馬群を抜け出し、ラスト100メートル過ぎにメイショウウズマサを捉えると、テーオーターゲットの追い上げをクビ差振り切って接戦を制した。2走前から脚質転換を図り、ここできっちり結果を残した。

前へ

次へ

開催当日情報

その他の情報