2020年11月15日 3回福島6日目

11R 第56回 福島記念(GIII)

(特指),国際,3歳以上,オープン,ハンデWIN5 

2000m (芝B・右) 晴・良

推定タイム ※

レース結果

着順



M
y

馬名

性齢 騎手 斤量

厩舎  通過順位

タイム
上り3F
着差
馬体重
単勝
人気
1

2

3

バイオスパーク

牡5  池添 55

浜田

    ****

1.59.6

(35.2)

472(-2)

6.4

2人気

2

5

9

ヴァンケドミンゴ

牡4  酒井学 55

藤岡健

    ****

1.59.6

(35.2)

クビ

468(0)

3.4

1人気

3

4

7

テリトーリアル

牡6  石川裕 56.5

西浦

    ****

1.59.8

(36.6)

1

474(0)

10.4

5人気

4

7

13

デンコウアンジュ

牝7  柴田善 56

荒川

    ****

1.59.9

(35.0)

1/2

474(+14)

24.8

12人気

5

6

11

ウインイクシード

牡6  松岡 56

鈴木伸

    ****

2.00.0

(35.9)

1/2

496(0)

16.8

7人気

6

3

5

ワセダインブルー

牡5  大野 54

池上和

    ****

2.00.1

(35.1)

1/2

446(-4)

18.5

9人気

7

4

8

マイネルハニー

牡7  宮崎北 55

栗田徹

    ****

2.00.1

(35.9)

クビ

482(-8)

131.3

16人気

8

1

2

トーラスジェミニ

牡4  木幡育 56

小桧山

    ****

2.00.2

(37.1)

クビ

484(+4)

9.7

4人気

9

6

12

マイネルサーパス

牡4  丹内 56.5

高木登

    ****

2.00.3

(35.8)

1/2

482(0)

6.6

3人気

10

3

6

アドマイヤジャスタ

牡4  富田 56

須貝尚

    ****

2.00.3

(35.7)

クビ

510(+2)

21.5

11人気

11

1

1

ロードクエスト

牡7  西村淳 57

小島茂

    ****

2.00.4

(34.5)

クビ

460(-2)

16.9

8人気

12

8

15

ドゥオーモ

牡7  藤岡康 53

野中

    ****

2.00.4

(34.8)

アタマ

472(-4)

20.1

10人気

13

8

16

レッドローゼス

牡6  勝浦 56

国枝

    ****

2.00.4

(35.2)

ハナ

484(-4)

26.2

13人気

14

2

4

レッドアネモス

牝4  吉田隼 55

友道

    ****

2.00.6

(36.9)

1

466(-2)

15.8

6人気

15

5

10

マイネルファンロン

牡5  藤井 55

手塚

    ****

2.00.9

(37.1)

1 1/2

482(+12)

36.5

14人気

16

7

14

ソロフレーズ

牡5  江田照 53

栗田徹

    ****

2.01.1

(34.9)

1 1/4

482(-6)

77.3

15人気

払戻金
単勝 3 640円
複勝 3
9
7
200円
150円
270円
枠連 2-5 740円
馬連 3-9 1,130円
馬単 3-9 2,430円
ワイド 3-9
3-7
7-9
490円
1,360円
680円
3連複 3-7-9 4,050円
3連単 3-9-7 19,170円

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****

ラップタイム

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.6 11.3 11.8 11.9 12.0 11.8 11.7 12.0 12.1 12.4
  • 勝因敗因
  • 次走へのメモ

勝因敗因

 バイオスパーク(1着)池添騎手 全10場制覇は少ない人しか達成していないので、それを意識して来ました。リズム良く運ぶことを頭の中に入れて、いい形で我慢することができました。もともと折り合いは大丈夫な馬なので、気にしていませんでした。ヴァンケドミンゴが内にいて、あとは勝負どころをどう乗るかを考えて進めましたが、前が引っ張っていたので、仕掛けどころを間違えないようにしました。内で少し窮屈になるシーンがありましたが、うまくクリアして直線はしっかり伸びてくれました。

次走へのメモ

バイオスパーク……気配上々。軽く促して中団へ。縦長の隊列でも1000メートル通過は59秒6。ほぼ平均ペース。4角までロスなく運び、直線は先行2頭の外へ。完璧な立ち回りでヴァンケドミンゴの追撃を振り切った。池添騎手は全10場の重賞制覇。

前へ

次へ

開催当日情報

その他の情報