2019年6月2日 3回東京2日目

4R サラ3歳

[指定],(混),未勝利

2400m (芝C・左) 曇・良

推定タイム ※

レース結果

着順



馬名

性齢 騎手 斤量

厩舎  通過順位

タイム
上り3F
着差
馬体重
単勝
人気
1

8

16

セントレオナード

牡3  レーン 56

    ****

2.27.2

(34.3)

460(+8)

1.5

1人気

2

2

4

シュテルンシチー

牡3  田辺 56

池上和

    ****

2.27.2

(34.1)

クビ

444(-6)

15.3

5人気

3

2

3

サンデースクール

牝3  藤田菜 51

小島茂

    ****

2.27.5

(34.3)

2

438(+6)

10.4

4人気

4

3

6

タイキウォレス

牡3  川田 56

大竹

    ****

2.27.6

(34.5)

クビ

466(+4)

5.8

2人気

5

5

9

モントカイザー

セン3  丹内 56

尾形和

    ****

2.27.6

(34.7)

クビ

464(+2)

112.9

12人気

6

7

14

ブラザーサン

牡3   56

高橋博

    ****

2.27.8

(34.4)

1 1/4

402(+4)

424.3

15人気

7

6

11

エクリヴァン

牡3  三浦 56

田村

    ****

2.27.8

(34.4)

アタマ

512

8.1

3人気

8

5

10

ヘヴンリータイム

セン3  木幡巧 55

和田郎

    ****

2.28.0

(34.3)

1 1/4

492(+2)

44.5

9人気

9

1

1

バモサバイラ

牝3  菊沢 53

菊沢

    ****

2.28.2

(34.8)

1 1/4

410(-10)

155.0

13人気

10

1

2

ビギングローリー

牡3  野中 54

中川

    ****

2.28.4

(35.0)

1 1/4

462(-2)

38.6

8人気

11

4

7

ブルーザリオン

牡3  吉田豊 56

戸田

    ****

2.28.4

(34.8)

クビ

436(+2)

33.7

6人気

12

4

8

クリンカービルト

牡3  横山武 55

手塚

    ****

2.28.5

(34.8)

クビ

480(-6)

104.0

11人気

13

8

15

シングンハート

牝3  武士沢 54

高市

    ****

2.28.7

(34.8)

1 1/4

442(+2)

207.0

14人気

14

3

5

メイショウジザイ

牡3  内田博 56

和田勇

    ****

2.29.0

(34.8)

2

508(+10)

65.1

10人気

15

7

13

ユイノオールマイト

牡3  戸崎 56

尾関

    ****

2.30.4

(37.5)

9

498(+6)

37.0

7人気

16

6

12

ケイティパッション

牡3  山田敬 53

小野次

    ****

2.30.5

(36.8)

1/2

438(+12)

470.2

16人気

払戻金
単勝 16 150円
複勝 16
4
3
110円
240円
170円
枠連 2-8 370円
馬連 4-16 820円
馬単 16-4 960円
ワイド 4-16
3-16
3-4
350円
290円
1,140円
3連複 3-4-16 1,560円
3連単 16-4-3 4,320円

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****

ラップタイム

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m 2400m
13.0 11.5 12.7 12.8 12.8 12.6 12.5 12.5 12.5 11.4 11.2 11.7
  • 勝因敗因
  • 次走へのメモ

勝因敗因

 セントレオナード(1着)レーン騎手 参考ビデオを観て、後ろからの競馬では届かないことが多かったので、厩舎の人と話をして、いいスタートが切れたら控えないでいいと言われていました。いいポジションで競馬ができ流れに乗ることができました。

次走へのメモ

セントレオナード……舌を縛る。馬場入りで発汗、テンションは高かった。出負けしたが外からジワッと切れ込んで前へ。5着馬がプレッシャーをかけてきたが、リズムを崩さず追走。直線も相手に惑わされることなく、2ハロン標で仕掛けて悠々と抜け出す。着差以上の内容で圧勝。あとはもう少し落ち着きが出れば。

前へ

次へ

開催当日情報

その他の情報