2019年4月28日 3回京都3日目

11R 第159回 天皇賞(春)(GI)

(指定),国際,4歳以上,オープン,定量WIN5 

3200m (芝C・右外) 晴・良

推定タイム ※

厩舎の話



馬 名
厩舎の話

1

1チェスナットコート

[1]枠○チェスナットコート(締まる)  安藤助手――先週、目イチに追ったので、今週はそこまで負荷をかけていませんが、それでもしっかりと動けましたし、追い切り後も470キロ強。数字的にも問題ありませんし、当日は更に締まってくると思います。

2

2エタリオウ

[2]枠○エタリオウ(並ぶ形なら)  友道師――反応は良かったし、イメージ通りの最終追い切り。菊花賞の頃より体がしっかりし、ユーキャンスマイルと同様、成長が窺えます。ヨーイドンの形は向かないと思いますし、流れてくれて、最後まで並んでいる馬がいてほしいですね。

3

3リッジマン

[3]枠○リッジマン(距離延び)  庄野師――間隔を詰めて使った年末の疲れが抜け切れていない感はあったけど、使ってそこから上向いてはきている。京都では走れているし、距離は長ければ長い方がいい。