2018年11月10日 5回東京3日目

11R 第23回 武蔵野ステークス(GIII)

(指定),国際,3歳以上,オープン,別定

1600m (ダート・左) 晴・稍重

推定タイム ※

厩舎の話



馬 名
厩舎の話

1

1マイネルオフィール

○マイネルオフィール(マイルでも)  飯田助手――ゲートはスッと出るし、前に行くスピードもある。最近は集中して走れているし、今ならマイルもこなせるはず。前走で馬体が戻って、内容も上向いてきたからね。

1

2パルトネルラーフ

○パルトネルラーフ(展開が鍵)  高木登師――先週のJBCクラシックを除外されてここを使うことに。この時期はなかなか適鞍もないからね。マイルだとやはりちょっと忙しい感じはするので、いかに展開が向いてくれるかがポイント。

2

3クインズサターン

○クインズサターン(展開ひとつ)  野中師――前走は前が支えて、不完全燃焼の形に。脚質的に展開待ちなところはあるけど、末脚が生きる流れならチャンスは十分ある馬。