2018年5月20日 3回京都10日目

11R 下鴨ステークス

[指定],(混),1600万下,ハンデWIN5 

2000m (芝D・右内) 晴・良

推定タイム ※

厩舎の話



馬 名
厩舎の話

1

1マウントゴールド

○マウントゴールド(距離対応が鍵)  池江寿師――初めて2400メートルに使った前走の内容は良かったけど、適当な番組がないので2000メートルへ。精神的には強くなったので対応できれば。

1

2コパノマリーン

○コパノマリーン(軽量魅力も)  斎藤誠師――前回は離れた2番手からのレース。形は良かったですが、本来の行きっぷりにはひと息でした。今回は間隔を詰めてみます。体調は維持できていますし、ハンデは魅力。展開次第では。

2

3クールオープニング

○クールオープニング(今回は芝に)  橋口慎師――以前は芝で走っていましたし、その当時よりも馬はしっかり。ハンデ戦でもあるので、久しぶりに芝に使ってみます。叩いて、動きに素軽さが出てきました。

開催当日情報

その他の情報