ニュース

中央 その他

ニックスゴーがトップ──2021年度LWBRR

2022年01月26日 13時16分

1月26日に「2021年度ロンジンワールドベストレースホースランキング(LWBRR)」がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。これは2021年1月1日~12月31日に出走した馬を対象としたもので、国際ハンデキャッパー会議において決定されたもの。レーティング115以上の279頭(実頭数)がランク付けされ、日本調教馬は42頭が掲載された。国別では、米国(62頭)、オーストラリア(48頭)、英国(48頭)に次いで第4位。

2021年のランキングトップはニックスゴーでレーティングは129。レーティングの対象は、ハイペースで逃げて後続を寄せつけずに快勝したブリーダーズカップクラシック(GⅠ)。11月の中間発表では128だったが、ブリーダーズカップクラシックで負かした3歳馬の評価が見直されたことから上方修正された。また、ホイットニーステークス(GⅠ)1着のレーティング125も距離区分「M」のトップとなった。第2位タイは、アダイヤー、ミシュリフ、セントマークスバシリカの3頭で、レーティングは127。それぞれ対象となったレースは、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(GⅠ)1着、インターナショナルS(GⅠ)1着、エクリプスS(GⅠ)1着。第5位はジャパンカップ(GⅠ)を勝ったコントレイルで、レーティングは126。日本調教馬のトップだった。第6位タイは、バーイード、ゴールデンシックスティ、パレスピア、トルカータータッソの4頭で、レーティングは125。対象レースは、それぞれクイーンエリザベスⅡ世S(GⅠ)1着、香港マイル(GⅠ)1着、ロッキンジS(GⅠ)1着、凱旋門賞(GⅠ)1着。バーイードは、パレスピアを直接降したレース内容が見直され、11月の中間発表から上方修正された。
コントレイル以外の日本調教馬は、天皇賞(秋)(GⅠ)、有馬記念(GⅠ)などを勝ったエフフォーリアがレーティング124で第10位タイ、香港ヴァーズ(G1)を勝ったグローリーヴェイズが123で第15位タイ、ジャパンカップ2着のオーソリティと有馬記念2着のディープボンドが121で第27位タイ、クロノジェネシス、グランアレグリア、シャフリヤール、テーオーケインズが120で第36位タイ、などとなった。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外