ニュース

中央 アラカルト

マーチSの1・2着馬が参戦予定、レピアーウィット&ヒストリーメイカー

2021年04月14日 11時03分

マーチS(GⅢ)を制したレピアーウィット(牡6歳、美浦・堀厩舎)が、アンタレスS(GⅢ)で重賞連勝を狙う。同馬は父ヘニーヒューズ、母ランニングボブキャッツという血統で、2013年の朝日杯FS(GⅠ)を制したアジアエクスプレスの全弟にあたる。アジアエクスプレスは2015年のアンタレスSで2着に敗れている。なお、同馬を管理する堀宣行調教師は、フェブラリーS(カフェファラオ)→マーチS(レピアーウィット)とJRAのダート重賞で出走機会2連勝中。また、ヒストリーメイカー(牡7歳、栗東・新谷厩舎)は、昨年5月の平安S(GⅢ)4着以降、勝利こそないが、ダート交流重賞ですべて5着以内に入る堅実な成績を残しており、昨年12月の東京大賞典(大井)では4着、前走のマーチSでは2着に入っている。ヒストリーメイカーを管理する新谷功一調教師はJRA重賞初制覇を狙う。なお、マーチSの1・2着馬が揃って同年のアンタレスSに参戦すれば、2007年以来14年ぶり。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外