ニュース

中央

ディープインパクト、気合がすごい!(30日)

29日JRA発表。【シャンティイ・エーグル調教場29日7:45調教開始】天候:曇一時小雨。気温:13度。
池江敏行調教助手が騎乗し、乗り運動から、ダートコースをハッキング。折り返しを、ダートコースでキャンター。
C.ラフォン=パリアス厩舎の馬が先導して、2馬身ほど後方で走り、残り2Fで外側に持ち出し、半馬身遅れのまま、馬なりでフィニッシュ(最後の2Fは、17~18秒/F程度)、帰厩は9:50。
池江泰郎調教師の話「今日の調教も満足のいくものでした。後ろからついていき、追い越さないままでよく我慢してくれました。もう、馬はレースで走りたい!、という気持ちが前面に出ています。明日は、予定通りダートコースで少し時計を出します」。
池江敏行調教助手の話「気合がすごい!かなりきてる!!今日は、リードホースの5m後ろをついて最後まで追い抜かないよう、半馬身遅れたまま我慢してくれました。追い越してしまったら、意味がありませんから。ディープには、レースを前にして、良い勉強になりました。素晴らしい調教ができたこと、ラフォン=パリアス厩舎スタッフの協力なくしては、ここまで来れませんでした。本当に感謝しています。
市川明彦厩務員の話「自分は、とてもリラックスできています。昨晩もよく寝れましたよ。自分が緊張しても……という思いもありますが、これも、こちらに来るまでは、いろんな心配もしていましたが、ここまで自分が思い描いていた以上に、パーフェクトに調整することができたからです。レースでは、無事に走って帰ってきてほしい、それだけです」。
西内荘氏の話「2週間ぶりに足元を見ましたが、鉄はほとんど減っていません。前にも話しましたが、パワーがついた今のディープと、こちらの馬場が本当にフィットしています。このまま競走に出走しても大丈夫ですが、今日は前脚、明日は後脚を勝負鉄に打ち換えます。日本にいるときよりも、良い状態ですよ」。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外