• 1R
  • 2R
  • 3R
  • 4R
  • 5R
  • 6R
  • 7R
  • 8R
  • 9R
  • 10R
  • 11R
  • 12R

2021年10月24日 4回阪神6日目

11R 第82回 菊花賞

(指定),牡・牝,(国際),3歳,オープン,馬齢

3000m (芝A・右内)

発走時刻 15:40

前走の勝因敗因

馬 名
前走の勝因敗因
アサマノイタズラ

 アサマノイタズラ(1着)田辺騎手 初騎乗ですが、調教では乗っていましたし、嶋田騎手ともいろいろと話をして情報は集めていました。ただ、菊花賞へ向けてどう権利を取ろうかと考えていたので、勝ち切ったことにはびっくりしています。全部を捉えるとは思っていなかったので、そのあたりは能力の高さなのでしょう。スタートは良かったですが、行く馬が多くてそれに参加するとムキになると思ったので、自分のペースを守りながら運びました。あの位置まで下げるつもりはなかったのですが、馬はリラックスして走れていましたし、ゴーサインを出してからの反応が凄く良かったです。これまで一線級の馬たちと戦っていましたから、チャンスはいつでもあると思っていました。今日は余裕残しだったので、いい形で本番へ向かえられますね。

アリーヴォ

 アリーヴォ(1着同着)川田騎手 こんな悪条件の中でも、リズム良く、最後まで精一杯頑張って走ってくれました。偉いと思います。

ヴァイスメテオール

 ヴァイスメテオール(1着)丸山騎手 イメージ通りに乗ることができて良かったです。ここ2戦はゲートが悪かったので、スタートには気をつけていきました。いいポジションでしっかり我慢ができましたし、スタートしてからリズム良く運べて手応えも楽でした。新馬戦でも乗せてもらった馬で、以前から能力は感じていました。大型馬特有の緩さがあったのですが、久しぶりに乗せてもらった今日は力をつけてきたと感じましたし、以前よりも馬が良くなっていました。

開催当日情報

その他の情報