2019年4月13日 3回中山7日目

11R 第21回 中山グランドジャンプ(JGI)

国際,3歳以上,オープン,定量

4250m (芝・右外) 晴・良

推定タイム ※

前走の勝因敗因



馬 名
前走の勝因敗因

1

1 ニホンピロバロン

 ニホンピロバロン(1着)石神騎手 初騎乗でしたが、これまでのレースを見ていて強い馬だという印象を持っていたので、うまく誘導できれば好勝負になると思っていました。道中はアップトゥデイトに離されないようにしたかったですし、大竹柵のところでうまく後ろにつけることができました。自分で動こうとした時にミヤジタイガが行ったので、その後から動いていく形になりました。その分だけ最後は脚が上がりましたが、何とか踏ん張ってくれました。馬に感謝したいです。

2

2 ミヤジタイガ

 ミヤジタイガ(4着)西谷騎手 勝ち馬を見ながらのレースでしたが、一番いいコースが取れたと思います。4角ではモサモサしていましたが、最後にはどれだけ弾けてくれるか、期待はしていたんです。最後は休み明けの分もあったようですね。

3

3 シンキングダンサー

 シンキングダンサー(3着)金子光騎手 勝ち馬を見ながら上手に淡々とレースを進められました。状態が凄く良かったですし、何とか負かしてやろうと気持ちを強く持って臨みましたが、それでも上位2頭は強かったですね。障害馬として完成されてきたので、このあとどこかで負かせればと思います。

前へ

次へ

開催当日情報

その他の情報