2020年11月15日 5回東京4日目

12R 3歳以上2勝クラス

[指定],定量

1600m (ダート・左) 晴・良

推定タイム ※

レース結果

着順



M
y

馬名

性齢 騎手 斤量

厩舎  通過順位

タイム
上り3F
着差
馬体重
単勝
人気
1

1

1

タガノビューティー

牡3  石橋脩 56

西園

    ****

1.37.7

(35.1)

514(0)

1.9

1人気

2

8

16

モレッキ

セン6  津村 57

稲垣

    ****

1.37.8

(35.9)

1/2

482(-8)

15.9

6人気

3

3

6

モリトユウブ

牡5  川島信 57

堀井

    ****

1.37.9

(35.8)

3/4

492(-8)

81.6

12人気

4

7

13

テーオーポシブル

セン4  荻野琢 57

梅田智

    ****

1.38.0

(35.9)

クビ

456(0)

23.3

8人気

5

3

5

ゴールドフレーム

セン4  北村宏 57

新開

    ****

1.38.0

(35.6)

クビ

474(+2)

31.1

9人気

6

6

11

ライフレッスンズ

牡3  丸山 56

国枝

    ****

1.38.1

(36.3)

クビ

496(0)

9.1

4人気

7

1

2

ロンドンデリーエア

牡3  三浦 56

武英

    ****

1.38.5

(36.1)

2 1/2

458(-6)

6.3

2人気

8

2

4

エンドーツダ

牝4  藤田菜 53

萱野

    ****

1.38.6

(35.7)

3/4

458(0)

9.0

3人気

9

6

12

ダイワドノヴァン

牡6  野中 57

池上和

    ****

1.38.8

(36.5)

1 1/4

532(-6)

9.3

5人気

10

4

8

シャドウセッション

セン4  岩田康 57

鹿戸雄

    ****

1.39.1

(36.3)

2

524(+28)

21.4

7人気

11

8

15

テンノサクラコ

牝7  亀田 53

小西

    ****

1.39.1

(35.9)

アタマ

494(+6)

346.0

16人気

12

2

3

シャンボールナイト

セン5  山田敬 55

武井

    ****

1.39.2

(35.9)

クビ

464(+2)

192.6

13人気

13

7

14

グログラン

牝5  武士沢 55

    ****

1.39.2

(36.3)

クビ

484(+2)

56.9

11人気

14

5

9

ヴァンドゥメール

セン3  木幡巧 56

加藤征

    ****

1.39.2

(36.6)

アタマ

490(0)

230.5

14人気

15

4

7

マサキノテソーロ

牡6  武藤 57

加藤和

    ****

1.39.4

(36.0)

1 1/4

524(-8)

42.1

10人気

16

5

10

アルヒミスト

牝3  柴田大 54

蛯名

    ****

1.40.0

(37.9)

3 1/2

422(-4)

257.2

15人気

払戻金
単勝 1 190円
複勝 1
16
6
110円
290円
960円
枠連 1-8 1,350円
馬連 1-16 1,610円
馬単 1-16 1,960円
ワイド 1-16
1-6
6-16
610円
1,620円
7,340円
3連複 1-6-16 19,260円
3連単 1-16-6 58,800円

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****

ラップタイム

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.5 11.5 12.6 12.7 12.5 11.8 11.7 12.4
  • 勝因敗因
  • 次走へのメモ

勝因敗因

 タガノビューティー(1着)石橋脩騎手 内で上手に流れに乗れましたし、捌きもうまくいって最後もよく差してきてくれました。この馬の持っているポテンシャルはもっと高いと思うので、この先も更に上を目指していってほしいです。

次走へのメモ

タガノビューティー……気配良好。1完歩目は悪かったが、二の脚で挽回して中団のイン。道中はじっくり構えて脚を温存。直線の入り口で一気に外へ出して追い上げ態勢を整えると、メンバー最速の上がりで豪快に差し切って着差以上に強い勝ちっぷり。

前へ

開催当日情報

その他の情報