2020年2月1日 1回東京1日目

9R 銀蹄ステークス

(特指),(混),4歳以上,3勝クラス,定量

1400m (ダート・左) 晴・稍重

推定タイム ※

レース結果

着順



馬名

性齢 騎手 斤量

厩舎  通過順位

タイム
上り3F
着差
馬体重
単勝
人気
1

4

8

ロードグラディオ

牡4  ルメール 57

西浦

    ****

1.23.5

(36.1)

486(0)

10.1

5人気

2

8

15

エテルニテ

牝5  柴田善 55

平田

    ****

1.23.7

(36.8)

1 1/4

492(-10)

31.8

11人気

3

4

7

バーンフライ

牡5  野中 57

矢作

    ****

1.23.8

(36.1)

1/2

492(+8)

97.7

14人気

4

7

14

サザンヴィグラス

牡5  丸山 57

根本

    ****

1.23.8

(36.6)

クビ

498(+2)

7.2

3人気

5

5

10

ゴールドラグーン

牡4  横山典 57

斉藤崇

    ****

1.24.0

(37.1)

1 1/4

490(-10)

8.2

4人気

6

1

1

マイウェイアムール

牝5  内田博 55

    ****

1.24.0

(36.3)

アタマ

484(-4)

51.0

12人気

7

5

9

メイショウミライ

牡5  武豊 57

南井

    ****

1.24.0

(36.5)

ハナ

484(-8)

5.6

2人気

8

6

12

ナンヨーイザヨイ

牡4  石橋脩 57

松永幹

    ****

1.24.1

(37.0)

3/4

468(-4)

11.2

6人気

9

3

6

パイルーチェ

牝6  横山和 55

鈴木伸

    ****

1.24.1

(35.9)

ハナ

488(+4)

22.5

9人気

10

2

3

ハルクンノテソーロ

牡6  大野 57

高木登

    ****

1.24.4

(36.5)

1 3/4

476(0)

20.7

8人気

11

1

2

ラレータ

牡6  ミナリク 57

    ****

1.24.7

(36.8)

1 3/4

480(-6)

13.7

7人気

12

3

5

コウエイアンカ

セン5  田中勝 57

    ****

1.24.8

(37.1)

クビ

480(+12)

27.0

10人気

13

7

13

マイネルバールマン

牡6  丹内 57

青木

    ****

1.25.6

(38.4)

5

546(-4)

188.5

16人気

14

6

11

カタナ

牡5  松岡 57

上原

    ****

1.25.6

(37.5)

ハナ

512(+10)

51.1

13人気

15

2

4

ペイシャネガノ

牝4  Mデムー 55

深山

    ****

1.25.8

(38.3)

1 1/4

462(-2)

3.0

1人気

16

8

16

ゲキリン

牡6  北村宏 57

吉村

    ****

1.26.0

(39.4)

1 1/4

484(+2)

155.2

15人気

払戻金
単勝 8 1,010円
複勝 8
15
7
350円
900円
2,260円
枠連 4-8 12,710円
馬連 8-15 15,350円
馬単 8-15 22,090円
ワイド 8-15
7-8
7-15
4,280円
10,660円
20,960円
3連複 7-8-15 220,110円
3連単 8-15-7 876,440円

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****

ラップタイム

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.5 11.0 11.1 12.0 12.2 12.1 12.6
  • 勝因敗因
  • 次走へのメモ

勝因敗因

 ロードグラディオ(1着)ルメール騎手 スピードのある馬なのですが、これまでは掛かって甘くなっていたようです。今日は冷静になって走っていましたし、直線ではいいタイミングで手前を替えることができました。距離を短縮したことが良かったですね。

次走へのメモ

ロードグラディオ……出たなりに中団から。馬群の外で行きっぷり良く追走。直線は手応え十分に前に接近。坂上でびっしりと追われるとグイグイと伸びて抜け出した。距離を短縮しての待機策がスバリ嵌まった印象。

前へ

次へ

開催当日情報

その他の情報