2019年10月27日 4回東京9日目

11R 第160回 天皇賞(秋)(GI)

(指定),国際,3歳以上,オープン,定量WIN5 

2000m (芝B・左) 晴・良

推定タイム ※

レース結果

着順



M
y

馬名

性齢 騎手 斤量

厩舎  通過順位

タイム
上り3F
着差
馬体重
単勝
人気
1

1

2

アーモンドアイ

牝4  ルメール 56

国枝

    ****

1.56.2

(33.8)

480(-4)

1.6

1人気

2

5

9

ダノンプレミアム

牡4  川田 58

中内田

    ****

1.56.7

(34.5)

3

508(+4)

9.5

3人気

3

3

5

アエロリット

牝5  戸崎 56

菊沢

    ****

1.56.7

(34.8)

クビ

516(0)

20.0

6人気

4

3

6

ユーキャンスマイル

牡4  岩田康 58

友道

    ****

1.56.8

(33.7)

クビ

488(-8)

40.6

7人気

5

7

14

ワグネリアン

牡4  福永 58

友道

    ****

1.56.8

(34.0)

クビ

462(-10)

18.7

4人気

6

5

10

サートゥルナーリア

牡3  スミヨン 56

角居

    ****

1.57.1

(34.9)

1 1/2

502(+4)

3.4

2人気

7

2

4

スワーヴリチャード

牡5  横山典 58

庄野

    ****

1.57.1

(34.3)

ハナ

514(-10)

19.1

5人気

8

8

15

ウインブライト

牡5  松岡 58

畠山吉

    ****

1.57.3

(34.8)

1 1/4

486(-8)

148.9

12人気

9

2

3

ケイアイノーテック

牡4   58

平田

    ****

1.57.5

(34.2)

1

468(-2)

257.8

14人気

10

4

8

マカヒキ

牡6  武豊 58

友道

    ****

1.57.6

(34.4)

3/4

504(-4)

53.0

8人気

11

6

11

ゴーフォザサミット

牡4  北村宏 58

藤沢和

    ****

1.57.7

(34.7)

3/4

502(-2)

406.1

16人気

12

4

7

スティッフェリオ

牡5  丸山 58

音無

    ****

1.57.9

(35.9)

1 1/4

448(+6)

145.1

11人気

13

1

1

カデナ

牡5  藤岡佑 58

中竹

    ****

1.58.4

(34.7)

3

472(-6)

126.0

10人気

14

8

16

アルアイン

牡5  北村友 58

池江寿

    ****

1.58.7

(36.1)

2

516(-4)

67.9

9人気

15

7

13

ランフォザローゼス

牡3  Mデムー 56

藤沢和

    ****

1.59.1

(36.2)

2 1/2

490(0)

150.9

13人気

16

6

12

ドレッドノータス

セン6  坂井瑠 58

矢作

    ****

2.00.1

(37.5)

6

462(+4)

296.2

15人気

払戻金
単勝 2 160円
複勝 2
9
5
110円
260円
270円
枠連 1-5 220円
馬連 2-9 920円
馬単 2-9 1,170円
ワイド 2-9
2-5
5-9
400円
400円
1,740円
3連複 2-5-9 3,210円
3連単 2-9-5 8,860円

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****

ラップタイム

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.8 11.4 11.5 11.6 11.7 11.6 11.3 11.1 11.3 11.9
  • 勝因敗因
  • 次走へのメモ

勝因敗因

 アーモンドアイ(1着)ルメール騎手 今日は休み明けで、アーモンドアイが本当は走りたいのかどうか分からないけど、勝つことができて安心しました。改めてこの馬の素晴らしさを感じましたね。前と外にライバルを見る形でしたが、サートゥルナーリアが早めに止まったので、内にスペースを見つけて入っていきました。平成最後の天皇賞と令和最初の天皇賞を勝つことができたことも嬉しいですし、何よりアーモンドアイの能力を称えたいです。

次走へのメモ

アーモンドアイ……落ち着きがあって無駄のないいつもの仕上がり。今日はゲート内でもガタつかず、好発。行きたい馬を行かせてスッと折り合う。直線はアエロリットと内ラチ沿いの隙間に入り込んでアッという間に抜け出した。ゴール前はうしろを振り返る余裕があり、0秒1差なら実質レコードと言っていいだろう。現役最強馬の力を示した。

前へ

次へ

開催当日情報

その他の情報