2019年2月3日 1回東京4日目

11R 第69回 東京新聞杯(GIII)

[指定],国際,4歳以上,オープン,別定WIN5 

1600m (芝D・左) 晴・良

推定タイム ※

レース結果

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

着順



馬名 タイム
上り3F
着差
単勝
人気
1

2

2

インディチャンプ

牡4  福永 56

    ****
460(0)

1.31.9

(33.5)

2.7

1人気

2

4

6

レッドオルガ

牝5  北村友 54

    ****
450(0)

1.32.0

(33.6)

1/2

11.4

6人気

3

1

1

サトノアレス

牡5  柴山 56

    ****
518(+4)

1.32.0

(33.4)

アタマ

9.8

4人気

4

5

8

ロードクエスト

牡6  三浦 57

    ****
464(+4)

1.32.3

(33.7)

1 1/2

48.1

10人気

5

3

5

タワーオブロンドン

牡4  ルメール 57

    ****
526(+10)

1.32.3

(34.2)

ハナ

3.6

2人気

6

3

4

ストーミーシー

牡6  杉原 56

    ****
536(+2)

1.32.3

(33.3)

クビ

399.0

15人気

7

7

13

リライアブルエース

牡6  坂井瑠 56

    ****
494(-16)

1.32.5

(33.7)

1 1/4

41.9

9人気

8

8

15

レイエンダ

牡4  北村宏 56

    ****
490(+8)

1.32.5

(32.8)

アタマ

9.9

5人気

9

6

10

ロジクライ

牡6  横山典 57

    ****
522(+4)

1.32.5

(35.1)

ハナ

5.0

3人気

10

5

9

ヤングマンパワー

牡7  ブロン 57

    ****
538(-2)

1.32.5

(35.1)

ハナ

290.8

13人気

11

8

14

レアリスタ

牡7  石橋脩 56

    ****
486(+10)

1.32.6

(33.9)

クビ

227.3

12人気

12

2

3

テトラドラクマ

牝4  田辺 54

    ****
470(-6)

1.32.7

(34.9)

3/4

29.9

7人気

13

4

7

ゴールドサーベラス

牡7  大野 56

    ****
458(+8)

1.32.9

(34.4)

3/4

358.4

14人気

14

6

11

ジャンダルム

牡4  武豊 56

    ****
510(+6)

1.33.2

(33.7)

1 3/4

33.3

8人気

15

7

12

ショウナンアンセム

牡6  ミナリク 56

    ****
486(-2)

1.33.5

(36.3)

2

97.5

11人気

払戻金
単勝 2 270円
複勝 2
6
1
140円
240円
240円
枠連 2-4 1,740円
馬連 2-6 1,840円
馬単 2-6 2,840円
ワイド 2-6
1-2
1-6
630円
630円
940円
3連複 1-2-6 4,300円
3連単 2-6-1 18,190円
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****

ラップタイム

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.3 10.9 11.3 11.2 11.5 11.3 11.5 11.9
  • 勝因敗因
  • 次走へのメモ

勝因敗因

 インディチャンプ(1着)福永騎手 スタートのタイミングが悪かったものの、その後はリカバリーできて直線まで脚をタメることができました。どう捌こうかと思っていましたが、うまく前のスペースが開きましたね。遊ぶ面があるので早目先頭は避けたかったのですが、このメンバーでまさかあそこまで早く先頭に立つ形になるとは思っていませんでした。課題のあるなかで重賞を勝ってくれましたし、相当高いポテンシャルのある馬です。今日の勝利でGⅠでもやれる期待が確信に替わりました。春の目標は安田記念になるかと思いますが、輸送でも体は維持してくれていましたし、同じ舞台で結果を出してくれたのは良かったです。まだ若さが残っているので、これから更に良くなるでしょう。

次走へのメモ

インディチャンプ……気配上々。スタートでアオる。その後のポジション取りはスムーズでジワッと中団へ。インで脚を温存して直線はロジクライの外へ誘導。抜け出してくる時の脚が速かった。最後は詰め寄られたが、完勝のレースぶり。今後が楽しみ。