2018年2月18日 1回東京8日目

11R 第35回 フェブラリーステークス(GI)

(指定),国際,オープン,定量WIN5 

1600m (ダート・左) 晴・良

推定タイム ※

レース結果

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

着順



馬名 タイム
上り3F
着差
単勝
人気
1

6

12

ノンコノユメ

セン6  内田博 57

    ****
450(-6)

1.36.0

(36.1)

10.7

4人気

2

7

14

ゴールドドリーム

牡5  ムーア 57

    ****
524(-14)

1.36.0

(36.4)

クビ

2.1

1人気

3

3

6

インカンテーション

牡8  三浦 57

    ****
512(+5)

1.36.1

(36.7)

クビ

20.0

6人気

4

8

16

サンライズノヴァ

牡4  戸崎 57

    ****
536(+4)

1.36.6

(37.0)

3

7.1

3人気

5

7

13

レッツゴードンキ

牝6   55

    ****
492(+4)

1.36.7

(37.0)

1/2

51.0

10人気

6

5

9

キングズガード

牡7  藤岡佑 57

    ****
470(-6)

1.36.7

(36.8)

ハナ

81.5

12人気

7

4

8

メイショウスミトモ

牡7  田辺 57

    ****
486(+4)

1.37.1

(37.4)

2 1/2

242.3

15人気

8

3

5

サウンドトゥルー

セン8  ミナリク 57

    ****
478(-3)

1.37.5

(37.6)

2 1/2

54.4

11人気

9

2

4

アウォーディー

牡8  武豊 57

    ****
516(+2)

1.37.6

(37.7)

クビ

23.6

7人気

10

8

15

ベストウォーリア

牡8  ルメール 57

    ****
518(0)

1.37.6

(38.3)

クビ

32.2

8人気

11

1

2

ケイティブレイブ

牡5  福永 57

    ****
516(0)

1.37.7

(39.4)

1/2

15.4

5人気

12

5

10

テイエムジンソク

牡6  古川吉 57

    ****
496(-2)

1.37.9

(39.4)

3/4

3.7

2人気

13

2

3

ノボバカラ

牡6  石橋脩 57

    ****
510(-8)

1.38.3

(39.6)

2 1/2

257.0

16人気

14

6

11

ロンドンタウン

牡5  岩田康 57

    ****
522(+10)

1.38.5

(39.0)

1 1/2

33.2

9人気

15

4

7

ララベル

牝6  真島大 55

    ****
548(-16)

1.38.8

(39.7)

1 3/4

199.4

14人気

16

1

1

ニシケンモノノフ

牡7  横山典 57

    ****
508(-6)

1.39.0

(40.7)

1 1/4

124.1

13人気

払戻金
単勝 12 1,070円
複勝 12
14
6
280円
130円
350円
枠連 6-7 870円
馬連 12-14 1,140円
馬単 12-14 3,530円
ワイド 12-14
6-12
6-14
520円
2,620円
720円
3連複 6-12-14 6,540円
3連単 12-14-6 41,560円
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****

ラップタイム

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.2 10.7 11.2 11.7 12.5 12.6 12.3 12.8
  • 勝因敗因
  • 次走へのメモ

勝因敗因

 ノンコノユメ(1着)内田博騎手 凄い末脚を持っていることは分かっていたので、それを生かす競馬をしようと考えていました。道中は作戦通り、被されずにいつでも外へ持ち出せるポジションにつけることができましたし、前にいた有力馬の脚いろを見ながら仕掛けのタイミングを計りました。結果が出ない時期もありましたが、今日はその悔しさを晴らす競馬をしてくれたと思います。また、大きいところを狙ってほしいです。

次走へのメモ

ノンコノユメ……好調維持。発馬後手。前半は無理をせず最後方で脚を温存。1000メートル通過58秒3のハイペース。道中は外目でリズム良く運び、4角手前からは気合をつけて追走。直線は大外からグイグイと伸びて、最後は昨年の覇者を競り落として勝利。