2020年10月17日 4回東京3日目

11R 第68回 アイルランドトロフィー府中牝馬S(GII)

(指定),牝馬(国際),3歳以上,オープン,別定

1800m (芝A・左) 雨・重

推定タイム ※

厩舎の話



馬 名
厩舎の話

1

1シゲルピンクダイヤ

○シゲルピンクダイヤ(東京プラス)  渡辺師――この中間はゲート練習中心になったが、ゲート再審査は1週前に合格。使って馬も良くなっている。コーナーのきつい中山のマイルよりも、ゆったり運べる東京の1800メートルの方が合っていると思う。

2

2ダノンファンタジー

○ダノンファンタジー(フレッシュ)  猿橋助手――フレッシュな状態。調子自体は凄く良さそうで、馬体増も気にならない。4歳になってからは5着続きで、以前ほどのパフォーマンスを見せられていないが、まだ活躍できる馬だと期待している。

3

3フェアリーポルカ

○フェアリーポルカ(改めて)  西村師――前走は18キロ増で結果的に少し太かったかな。それに流れも良くなかったけど、直線では一旦先頭に立とうかという勢いだったからね。その後は放牧に出して、ここを目標に帰厩。1週前に乗ったジョッキーの評価も高かったし、今回は54キロで臨める点もいい材料。左回りも問題ないので、改めて期待している。

前へ

次へ

開催当日情報

その他の情報