2020年2月16日 1回東京6日目

11R 第54回 共同通信杯(GIII)

(特指),国際,3歳,オープン,別定WIN5 

1800m (芝D・左) 曇・稍重

推定タイム ※

厩舎の話



馬 名
厩舎の話

1

1エン

○エン(楽しみ)  河津師――前走後はリフレッシュ放牧。帰厩後は長めを追い、終いがしっかりして状態は一変。フットワーク、体形から、芝の方がいいはず。南半球産で成長途上の段階だが、能力はヒケを取らないと思う。完成度が高い馬とのレースになるが、どれだけやれるか楽しみ。

2

2ビターエンダー

○ビターエンダー(賞金加算を)  相沢師――今週はジョッキーに感触を確かめてもらった。少し予定より速い時計になったけど、最後は無理していないし、鞍上も好感触。東京ならもっといい脚を使えると思うので、賞金を加算してローテーションを楽にしたいね。

3

3ココロノトウダイ

○ココロノトウダイ(乗り込んだ)  手塚師――年明けの京成杯からの復帰も考えたが、骨膜を気にしていたし、放牧から帰厩して馬体がかなり増えたのでここまで待った。入念に乗り込んで力を出せる態勢に。数字は増えても気にならないし、自在性が出て、どんな競馬でもできる。

開催当日情報

その他の情報