2019年7月14日 2回函館4日目

9R 下北半島特別

(特指),(混),3歳以上,1勝クラス,定量

1200m (芝B・右) 曇・良

推定タイム ※

厩舎の話



馬 名
厩舎の話

1

1イーサンパンサー

○イーサンパンサー(古馬相手でも)  昆師――休養効果で緩さが解消して馬体が良化。最終追い切りの感触も上々だった。函館の芝で新馬戦2着があり、洋芝なら古馬相手でも十分やれるはず。斤量差を生かせれば。

2

2オープンザウェイ

○オープンザウェイ(終いを生かし)  加藤厩務員――前走の1700メートルでは距離が長かった。芝、ダートは問わず、短い距離で終いを生かす形が合っている。展開が向けば。

3

3サンノゼテソーロ

○サンノゼテソーロ(条件を替え)  大口助手――前走は距離が長かった印象です。今回は洋芝の1200メートルを試してみます。条件替わり、滞在がいい方に出ればいいですね。

開催当日情報

その他の情報