2017年10月21日 4回東京6日目

11R 第20回 富士ステークス(GIII)

(指定),国際,オープン,別定

1600m (芝A・左) 雨・不良

推定タイム ※

厩舎の話



馬 名
厩舎の話

1

1サトノアレス

○サトノアレス(ヒケは取らない) 津曲助手--早目に帰厩して乗り込んできたし、調教の動きもここにきて上がってきた。函館記念は2000メートルに距離が延びて、タフなレースになったが、終いはしっかり脚を使っていた。東京の1600メートルも経験しているし、ヒケは取らないはず。

2

2レッドアンシェル

○レッドアンシェル(楽しみ持って) 庄野師--体は大きく変わった感じは見受けられないけど、精神的には少し大人に。古馬と初対戦で、強力なメンバーとやるけど、どれだけ脚を使えるか楽しみは持っている。

2

3ブラックムーン

○ブラックムーン(末脚勝負) 西浦師--前走は道中、いくらかプレッシャーがかかっていた感じ。放牧明けだけど、2週続けてしっかり負荷をかけて調教ができたし、仕上がりはいいよ。前半は自分のリズムで運んで末脚を生かせれば。

前へ

次へ

開催当日情報

その他の情報