帯広

10R

200m (ダート・直) 晴・

厩舎の話



馬 名
厩舎の話

1

1センゴクエース

○センゴクエース(ハンデ背負い)  槻舘師――障害や、仕上り面での課題が残っている中での一戦で正直、厳しいと思っていたが、底力を出してくれました。状態は帯広記念よりも良くなっていますが、今回はハンデを背負っての一戦。結果よりも内容でしょう。

2

2メジロゴーリキ

○メジロゴーリキ(更に上昇)  松井師――転厩してきたばかりで急仕上げの感じではあったが、さすがに能力の高い馬ですね。これからにも期待ができますよ。その後も稽古には時間をかけてきたので更に状態は上がっています。レースのレベルは高くなりますが、この中でも十分にやれると思っています。

3

3ゴールデンフウジン

○ゴールデンフウジン(楽しみ)  今井師――あとひと押しでしたが、力を示すことができたし、いい内容でしたね。課題も少しずつ克服できていますし、まだまだ成長が期待できます。昇級して一線級との初めてのレースにはなりますが、荷物的には問題ないので楽しみです。