ニュース

中央 その他

グランアレグリアが牝馬のトップ──LWBRR

2021年06月11日 11時50分

IFHA(国際競馬統括機関連盟)から今年1月1日から6月6日に実施された世界の主要レースを対象とした「ロンジンワールドベストレースホースランキング」(LWBRR)が発表され、レーティング120以上の25頭が掲載された。前回の発表以降ではロッキンジS、マンハッタンS、日英仏のダービーなどが新たな対象となっている。トップはパレスピアで125。ロッキンジS(GⅠ)を制し、前回4位タイ(121)から躍進した。2位は前回トップだったネイチャーストリップでレーティングは変わらず123。3位タイはドメスティックペンディング、ミシュリフ、ミスティックガイドの3頭で122。ドメスティックペンディングはマンハッタンS(GⅠ)を制した。ミシュリフとミスティックガイドは前回の2位タイから順位を下げた。日本馬のトップはヴィクトリアマイル(GⅠ)を制し、121を獲得したグランアレグリア(全体の6位タイ、牝馬ではトップ)。日本ダービー(GⅠ)を制したシャフリヤールは120を獲得し、皐月賞馬エフフォーリア、英オークス(GⅠ)を制した日本産ディープインパクト産駒スノーフォールらと並んで12位タイとなっている。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外