ニュース

中央 調教後の馬体重

エリザベス女王杯(GⅠ)出走馬の「調教後の馬体重」

2018年11月08日 17時04分

馬名馬体重計量日計量場所所属厩舎(参考)
前走
馬体重
アドマイヤリード43611月8日(木曜)栗東須貝 尚介栗東434
ヴァフラーム49811月8日(木曜)栗東吉村 圭司栗東488
エテルナミノル46611月7日(水曜)栗東本田 優栗東460
カンタービレ44011月8日(木曜)栗東中竹 和也栗東434
クロコスミア44411月8日(木曜)栗東西浦 勝一栗東432
コルコバード46011月8日(木曜)美浦木村 哲也美浦448
スマートレイアー48411月8日(木曜)栗東大久保 龍志栗東480
ノームコア46511月7日(水曜)美浦萩原 清美浦456
ハッピーユニバンス48211月7日(水曜)栗東平田 修栗東468
プリメラアスール51011月7日(水曜)栗東鈴木 孝志栗東508
フロンテアクイーン48311月8日(木曜)美浦国枝 栄美浦474
ミスパンテール52011月7日(水曜)栗東昆 貢栗東506
モズカッチャン49211月8日(木曜)栗東鮫島 一歩栗東484
リスグラシュー47611月8日(木曜)栗東矢作 芳人栗東460
レイホーロマンス43011月8日(木曜)栗東橋田 満栗東426
レッドジェノヴァ49811月8日(木曜)栗東小島 茂之美浦486
ワンブレスアウェイ50011月7日(水曜)美浦古賀 慎明美浦490

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外
  • 中央 騎手調教師

    菅原明騎手がJRA初勝利

    <font face="Arial, Verdana" style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 10pt; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: normal;"><span style="font-size: 13.3333px;">4月20日の福島競馬第6Rでタイキダイヤモンドが1着となり、騎乗していた菅原明良騎手(18歳、美浦・高木登厩舎所属)が、今年3月2日の初騎乗以来、63戦目でJRA初勝利を挙げた。</span></font><br><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13.3333px;"><br></span><font face="Arial, Verdana" style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 10pt; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: normal;"><span style="font-size: 13.3333px; font-weight: bold;">菅原明騎手:</span></font><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">少し時間がかかりましたが、今は嬉しい気持ちでいっぱいです。ただ、いい騎乗はできなかったので悔しい気持ちの方が大きいです。</span></font><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13.3333px;">タイキダイヤモンドは(自分の)デビュー日から乗せていただきました。うまく乗ることができず惜しい結果が続いてしまい、申し訳ない気持ちでしたので勝つことができて良かったです。乗せていただいた馬主の方々をはじめ、調教師の先生、厩舎スタッフの皆様にありがとうございましたと伝えたいです。</span><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13.3333px;">このあとも騎乗がありますが、いい着順、いい騎乗ができるよう、頑張りたいです。日々精進したいと思います。ありがとうございました。</span>

    2019年04月20日 15時20分

  • 中央 騎手調教師

    菅原明騎手がJRA初勝利

    <font face="Arial, Verdana" style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 10pt; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: normal;"><span style="font-size: 13.3333px;">4月20日の福島競馬第6Rでタイキダイヤモンドが1着となり、騎乗していた菅原明良騎手(18歳、美浦・高木登厩舎所属)が、今年3月2日の初騎乗以来、63戦目でJRA初勝利を挙げた。</span></font><br><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13.3333px;"><br></span><font face="Arial, Verdana" style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 10pt; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: normal;"><span style="font-size: 13.3333px; font-weight: bold;">菅原明騎手:</span></font><font face="Arial, Verdana"><span style="font-size: 13.3333px;">少し時間がかかりましたが、今は嬉しい気持ちでいっぱいです。ただ、いい騎乗はできなかったので悔しい気持ちの方が大きいです。</span></font><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13.3333px;">タイキダイヤモンドは(自分の)デビュー日から乗せていただきました。うまく乗ることができず惜しい結果が続いてしまい、申し訳ない気持ちでしたので勝つことができて良かったです。乗せていただいた馬主の方々をはじめ、調教師の先生、厩舎スタッフの皆様にありがとうございましたと伝えたいです。</span><span style="font-family: Arial, Verdana; font-size: 13.3333px;">このあとも騎乗がありますが、いい着順、いい騎乗ができるよう、頑張りたいです。日々精進したいと思います。ありがとうございました。</span>

    2019年04月20日 15時20分

  • 地方 その他

    平成29年度 第3回調教師・騎手免許試験の新規合格者

    今回の新規合格者は調教師5名、調教師補佐4名、騎手7名で、平成30年4月1日付けの免許となります。<BR>平成29年度 第3回調教師・騎手免許試験の新規合格者<BR>受験区分 氏 名 フリガナ 年齢 現職種 現所属<BR>調教師<BR>米 谷  康 秀 ヨネヤ ヤスヒデ 34 調教師補佐 千葉・佐藤賢二厩舎<BR>林    幻 ハヤシ ゲン 34 騎手 千葉県騎手会<BR>吉 井  竜 一 ヨシイ リュウイチ 42 〃 東京都騎手会<BR>木 村  健 キムラ タケシ 42 〃 兵庫・西川精治厩舎<BR>野 口  寛 仁 ノグチ ヒロヒト 30 厩務員 埼玉・野口孝厩舎<BR>調教師補佐<BR>入 口  由美子 イリグチ ユミコ 40 〃 埼玉・牛房榮吉厩舎<BR>奥 山  幸 房 オクヤマ ユキフサ 35 〃 東京・宗形竹見厩舎<BR>瀬 戸  健 太 セト ケンタ 29 〃 東京・森下淳平厩舎<BR>田 村  義 文 タムラ ヨシフミ 40 〃 東京・秋吉和美厩舎<BR>騎手<BR>阪 上  忠 匡 サカウエ タダマサ 34 〃 神奈川・佐々木仁厩舎<BR>落 合  玄 太 オチアイ ゲンタ 19 騎手候補生 北海道・田中淳司厩舎<BR>岩 本  怜 イワモト レイ 17 〃 岩手・三野宮通厩舎<BR>北 野  壱 哉 キタノ イチヤ 17 〃 東京・橋本和馬厩舎<BR>吉 井  章 ヨシイ ショウ 17 〃 東京・松浦裕之厩舎<BR>石 堂  響 イシドウ ヒビキ 18 〃 兵庫・長南和宏厩舎<BR>出 水  拓 人 デミズ タクト 17 〃 佐賀・中川竜馬厩舎<BR>※年齢は免許日現在<BR>

  • 地方 その他

    岩手競馬所属 鈴木 麻優 騎手の引退について

    岩手競馬所属 鈴木 麻優(すずき まゆ)騎手が、平成30年1月31日に騎手を引退することを表明しましたので、お知らせいたします。なお、次のとおり引退セレモニーを行いますので、併せてお知らせいたします。<BR>◆鈴木 麻優 騎手引退セレモニー◆<BR>【実施日】 3月25日(日)<BR>【場 所】 水沢競馬場<BR>鈴木 麻優 騎手コメント<BR>「昨年9月のレース中の落馬により、背骨を3本骨折し、それから4ヶ月間休養していました。今もまだ治療中ですが、日常生活には問題ないくらいにまで回復しました。心配をおかけしてすみません。治療中も、沢山の励ましのメッセージなどをいただき、本当にありがとうございました。この度はいきなりの引退発表で驚かれた方も沢山いると思います。なぜこんなに早く引退を決めたかと言いますと、大きな怪我で体を元のコンディションに戻すのが難しいのはもちろんですが、一番は自分の気持ちをまた、プロの騎手として建て直すことができないと思ったからです。4年間という短い間でしたが、岩手競馬の騎手になれて本当に幸せでした。これからのことはまだはっきりと決めていませんし、幼い頃から騎手という道に向かって突っ走ってきた私ですから、これから違う世界に入ってわからないこと、悩むことも沢山あるとおもいます。けれど、何事も私らしく乗り越えて行けたらと思っています。こんな中途半端で未熟な私を暖かく見守り、応援してくださって、本当にありがとうございました」<BR>■鈴木 麻優 騎手プロフィール<BR>○ 生年月日   1996年1月20日<BR>○ 出 身 地   宮城県<BR>○ 服  色   胴桃・袖桃/胴黒たすき<BR>○ 通算成績   地方競馬 1,456戦 67勝(2着92回、3着115回)<BR>○ 初 騎 乗   2014年4月19日 3R ヤマニンレジェール(6着)<BR>○ 初 勝 利   2014年5月19日 1R ホヤラー 22戦目<BR>○ 主な個人記録 レディース&ヤングジョッキーズ2015 最優秀レディスジョッキー<BR>レディスヴィクトリーラウンド2016総合2位<BR>

  • 地方 その他

    『NARグランプリ2017』表彰者決定

    ◆表 彰 者 ◆<BR>“最優秀勝利回数調教師賞”は、217勝を挙げた角田輝也調教師(愛知)が2年ぶり3回目の受賞、“最優秀賞金収得調教師賞”は6億5千万円を超える賞金を収得した小久保智調教師(浦和)が4年連続4回目の受賞、“最優秀勝率調教師賞”は29.1%の勝率を残した川西毅調教師(愛知)が2年連続5回目の受賞となった。<BR>“殊勲調教師賞”は、ヒガシウィルウィンでジャパンダートダービー(JpnⅠ)を、キタサンミカヅキで東京盃(JpnⅡ)を制するなどの活躍をした佐藤賢二調教師(船橋)とララベルで地方所属馬初のJBCレディスクラシック(JpnⅠ)制覇を果たした荒山勝徳調教師(大井)が受賞。<BR>“最優秀勝利回数騎手賞”は、273勝をあげた下原理騎手(兵庫)が初受賞、“最優秀賞金収得騎手賞”は、7億5千万円余りの賞金を収得した森泰斗騎手(船橋)が3年連続3回目の受賞、“最優秀勝率騎手賞”は、31.2%の勝率をマークした山口勲騎手(佐賀)が、5年連続5回目の受賞となった。<BR>“殊勲騎手賞”は、還暦をすぎてもなお、自分自身の最高齢重賞勝利記録を塗り替え続けるなどの活躍をみせる的場文男騎手(大井)、新設されたヤングジョッキーズシリーズにおいてJRAの騎手と戦い、見事初代王者に輝いた臼井健太郎騎手(船橋)が受賞。<BR>“優秀新人騎手賞”は、デビュー2年目にして、52勝をあげた鈴木祐騎手(岩手)が受賞。<BR>“優秀女性騎手賞”は、女性騎手最多の61勝を挙げた宮下瞳騎手(愛知)が9年ぶり9回目の受賞。<BR>“ベストフェアプレイ賞”は、241勝をあげ年間を通じて進路関係の処分を受けなかった岡部誠騎手(愛知)が、初受賞。<BR>“特別賞”にはダート競走格付け委員会の委員やNARグランプリ優秀馬選定委員会の委員などを務め、地方競馬の発展に多大なる功績を残した山野浩一氏(2017年7月逝去)が受賞。<BR>

  • 地方 その他

    『NARグランプリ2017』表彰馬決定

    ◆表 彰 馬 ◆<BR>“年度代表馬”には、ジャパンダートダービー(JpnⅠ)を勝ち、古馬と初対戦となった浦和記念(JpnⅡ)で2着するなど、一年を通して高いレベルで結果を残してきたヒガシウィルウィン(牡3歳、船橋・佐藤賢二厩舎)が選出された。なお、同馬は“3歳最優秀牡馬”も併せて受賞している。<BR>“2歳最優秀牡馬”は、全日本2歳優駿(JpnⅠ)で地方所属馬最先着の3着に入り、ハイセイコー記念も制しているハセノパイロ(船橋・佐藤賢二厩舎)が受賞。<BR>“2歳最優秀牝馬”は、エーデルワイス賞(JpnⅢ)を制したストロングハート(北海道・角川秀樹厩舎)が受賞。<BR>“3歳最優秀牝馬”は地方全国交流競走のロジータ記念を勝利し、関東オークス(JpnⅡ)でも地方所属馬最先着の3着となりグランダム・ジャパン3歳シーズンで優勝したステップオブダンス(大井・藤田輝信厩舎)が受賞。<BR>“4歳以上最優秀牡馬”はJBCスプリント(JpnⅠ)で地方所属馬最先着の3着、さらにはクラスターカップ(JpnⅢ)を制するなど、ダートグレード競走で安定した成績を残したブルドッグボス(浦和・小久保智厩舎)が受賞。なお、同馬は“最優秀短距離馬”も受賞となった。<BR>“4歳以上最優秀牝馬”は、地方所属馬として初のJBCレディスクラシック(JpnⅠ)制覇の快挙を成し遂げたララベル(牝5歳、大井・荒山勝徳厩舎)が受賞。<BR>“ばんえい最優秀馬”は、ばんえい最高峰のばんえい記念を制し、帯広記念、旭川記念、岩見沢記念も制しているオレノココロ(牡7歳、槻舘重人厩舎)が受賞。<BR>“最優秀ターフ馬”は、クローバー賞でJRAの芝オープンを勝利、札幌2歳ステークス(GⅢ)で3着となったダブルシャープ(牡2歳、北海道・米川昇厩舎)が受賞。<BR>“ダートグレード競走特別賞馬”は、かしわ記念(JpnⅠ)、マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ)、東京大賞典(GⅠ)と地方競馬のGⅠ/JpnⅠで3勝をあげたJRAのコパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎)が2年連続の受賞。<BR>※馬の年齢は、すべて2017年時点<BR>※特別表彰馬は該当馬なし<BR>※受賞馬の所属について、2017年中に移籍があった場合は、受賞の決め手となった競走出走時の所属にて表彰します。<BR>