ニュース

海外

凱旋門賞馬レイルリンク引退へ

現地時間8月1日、腱の故障によって年内の復帰が絶望的と報じられていた昨年の凱旋門賞馬レイルリンク Rail Link(牡4、仏A.ファーブル厩舎)が、正式に引退、種牡馬入りするとフランスのメディアが報じた。
レイルリンクは父ダンシリ Dansili、母ドックランズ Docklands(母の父シアトリカル Theatrical)という血統の英国産馬。通算7戦5勝で、G1凱旋門賞、G1パリ大賞とG1で2勝を挙げている。
なお、種牡馬としての繋養地などはまだ発表になっていない。しかし、オーナーのハーリッド・アブドゥラ殿下が英国に所有するバンステッドマナースタッドの看板種牡馬レインボークエスト Rainbow Quest が7月7日に死去していることから、レイルリンクはレインボークエストに代わる存在として、同スタッドで供用されることになると見られている。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外