ニュース

中央 騎手調教師

引退する西浦調教師のコメント

2021年02月28日 16時41分

2月末をもって引退する西浦勝一調教師(70歳、栗東)は、2月28日の小倉競馬第12Rのポールトゥウィン(12頭立て5着)が最後の出走となった。同調教師は97年3月1日の管理馬初出走以来、JRA通算5450戦458勝。重賞はテイエムオーシャンで01年桜花賞、秋華賞を制するなど、GⅠ6勝を含む計23勝。

西浦師:全馬無事レースを終えて、次の厩舎に送り届けることができてほっとしています。最後に阪神競馬場でこうして重賞に出走させて終えることができて感謝しています。騎手時代ではヤエノムテキやカツラギエースなどたくさんいい馬に乗せてもらって、調教師時代はテイエムオーシャンでGⅠを勝たせてもらって、ホッコータルマエでは牡馬のGⅠを勝つことができました。そういう馬たちに巡り合えたことが人生で一番の思い出です。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外