ニュース

中央 騎手調教師

引退する角居調教師のコメント

2021年02月28日 16時22分

2月末をもって引退する角居勝彦調教師(56歳、栗東)は、2月28日の阪神競馬第9Rのワイドソロモン(11頭立て7着)が最後の出走となった。同調教師は01年3月11日の管理馬初出走以来、JRA通算5510戦762勝。重賞はウオッカで08年天皇賞秋を制するなど、GⅠ26勝を含む計82勝。

角居師:引退を迎えて今はほっとしています。印象に残っている馬はたくさんいますが、やはり僕が引退するタイミングでシーザリオが亡くなってしまったのは残念です。引退後は、能登に戻って馬の余生の活動など行っていきたいと思います。ファンの皆さんに実際にお会いしてご挨拶できなかったのは残念です。最後に競馬サークルで一緒に頑張った仲間に惜しんでもらって感謝しています。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外