ニュース

地方 その他

笠松競馬は引き続き開催自粛、交流2鞍が新たに取りやめ

2021年02月17日 09時25分

岐阜県地方競馬組合は、3月1日から3月5日まで開催される予定だった笠松競馬の第20回競馬「弥生シリーズ」についても、引き続き開催を自粛することを発表した。これに伴い、3月3日に予定されていた「花見月賞」(ダート1400m、中央3歳未勝利)、3月4日に予定されていた「夢見月特別」(ダート1400m、中央古馬1勝クラス)の地方競馬指定交流競走2鞍が、新たに取りやめとなった。笠松競馬では、関係者が名古屋国税局から所得税の申告漏れの指摘を受けた旨の報道を受け、公正競馬の確保を図るための事実確認を行うことを理由に、今年1月19日から開催を自粛している。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外