ニュース

海外

英愛ギニー連勝、コックニーレベルが引退

現地時間9月3日、今年の英・愛2000ギニーを連勝したコックニーレベル Cockney Rebel(牡3、父ヴァルロイヤル Val Royal、英G.ハファー厩舎)の引退が発表された。同日朝の調教で、キャンター中に後肢が前肢に触れ、腱を損傷。オーナーのフィル・カニンガム氏によって決断された。
ケガの程度は全治3カ月程度と深刻なものではないが「何が馬にとってベストかを考えた」(カニンガム氏)とのこと。
コックニーレベルは結果的に最後のレースとなった6月の英G1セントジェームズパレスS(5着)後、骨盤にごくわずかではあるがヒビが入っていることが発見され休養。9月29日のG1クイーンエリザベス2世Sでの復帰に向けてトレーニングが積まれていたこところだった。
種牡馬入りプランは明らかにされていないが、以前から複数の英国のスタッドが同馬に興味を寄せていることから、おそらく国内での供用になるだろう、とカニンガム氏は語っている。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外