ニュース

海外

サンクラシークが南ア最優秀3歳牝馬に

現地時間8月13日、南アフリカの年度表彰制度であるエクウス賞の06/07シーズン(06年8月~07年7月)受賞馬が発表され、安平町・社台スタリオンステーションに繋養されているフジキセキ産駒のサンクラシーク Sun Classique(南ア・M.ボス厩舎)が最優秀3歳牝馬(注)に選出された。
サンクラシークは父フジキセキ、母エルフェンジャー Elfenjer(母の父ラストタイクーンIRE)という血統の豪州産馬で、通算成績は12戦6勝。06/07シーズンは9戦4勝で、G1ケープフィリーズギニー、G1マジョルカS、G1ウーラヴィトン2200と、G1を3勝した活躍が高く評価された。
(注)サンクラシークが受賞したのは、正確には「最優秀3歳中長距離牝馬」(Champion Three-Year-Old Classic Horse: Female) で、「最優秀3歳短距離牝馬」(Champion Three-Year-Old Sprinter: Female) という部門もあり、こちらはイシアリアルレディ Ethereal Lady が受賞している。
ただし、他の国ではこのような細かい区分があるところが少ないため、両部門とも「最優秀3歳牝馬」とされることが多く、世界のセリ名簿の基準であるカタロギング・スタンダードの最新版にもそのように記述されている。そのため、このニュースでも「最優秀3歳牝馬」と表記した。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外