ニュース

中央

ダイワテキサスが種牡馬引退、新冠で乗馬に

新ひだか町のアロースタッドに繋養されていたダイワテキサス(牡14歳、父トロメオ)が、今シーズン限りで種牡馬を引退することが決まった。今後は新冠町のにいかっぷホロシリ乗馬クラブで乗用馬として再出発することになった。
同馬の競走成績は53戦11勝。G2中山記念、G2オールカマー、G3関屋記念2回、G3新潟記念と5つの重賞を制し、2歳から8歳まで7シーズンに渡り第一線で活躍した。
2002年に同スタッドで種牡馬入り。JRAではダイワグラム(3勝)、ダイワウイザード、ダイワローンスターが勝ち上がっている。
8月3日に同クラブへ移った同馬は、環境の変化にも動じず元気一杯。アブクマポーロ、ライブリマウント、エイシンキャメロンといった元種牡馬の先輩らに見守られ、翌々日からさっそく乗馬訓練を開始した。同クラブでは「ゆくゆくは競技会に出られるようになれば良いですね」と夢を広げていた。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外