ニュース

海外

ワイルドラッシュ産駒DラッシュG1連勝

現地時間8月4日、米ニューヨーク州サラトガ競馬場でG1テストS(ダート7ハロン、3歳牝、12頭)が行われ、新ひだか町のアロースタッドに繋養中の種牡馬ワイルドラッシュUSA(牡13)産駒のドリームラッシュ Dream Rush(牝3、米R.ヴァイオレットJr.厩舎、E.コア騎手)が優勝した。勝ち時計は1分22秒42、馬場状態は Fast(速)だった。
前走のG1プライオリスSを制し、ここでも単勝2.25倍の1番人気に推されたドリームラッシュは、ゲートを飛び出すとすぐに先頭へ。道中は後続に3馬身ほどのリードを保ち、直線を向いた。
後続からはG2カムリーSの勝ち馬ボカグランデ Boca Grande が伸びては来たが、ドリームラッシュを脅かすまでには至らず。最後まで脚色が乱れなかったドリームラッシュは、ボカグランデの2馬身前方で堂々と先頭ゴールインを果たした。
ドリームラッシュは父ワイルドラッシュ、母ターボドリーム Turbo Dream(母の父アンブライドルド Unbridled)という血統の米国産馬で、通算8戦6勝、2着2回。G1タイトルは前走のG1プライオリスSに続いて2つ目となった。
次走は9/22のG2ギャラントブルームH(ベルモント、ダート6.5ハロン、3歳上牝)。ここをステップに、今年から新設された10/26のG外BCフィリー&メアスプリント(モンマス、ダート6ハロン、3歳上牝)を目指す。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外