ニュース

中央

ウオッカ、凱旋門賞出走回避(8日)

JRAは8日、10月7日(日)にロンシャン競馬場で行われる仏G1凱旋門賞に登録のあったウオッカ(牝3歳、栗東・角居厩舎)について、管理する角居勝彦調教師から同競走の出走を取り止める旨の連絡が入った、と発表。
角居勝彦調教師のコメント
「8月2日(木)の調教後、右後肢に蹄球炎が認められた。(自分は)フランスで下見中だったので、自分の目で確認が出来なかった。症状は軽く、2日くらいで治まったが、4~5日馬房から出しておらず、身体が緩んでいる状態にあり、これから無理に調教しても、検疫や輸送などで足りない部分が出てくるだろうから、中途半端な状態では行かせたくない。また、この馬には沢山のファンが期待されているなかで、凱旋門賞には挑戦ではなく勝ちに行くので、ただ出走すればよいというものではない。状態を自分で確認したうえでオーナーと協議し、昨日の夕刻に出走しないことを決定した。今後は完全に治して、国内の秋のレースに万全な状態で出走させたい」

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外