ニュース

海外

デットーリのオーソライズド優勝/英ダービー

現地時間6月2日、英エプソムダウンズ競馬場でG1英ダービー(芝12ハロン10ヤード、3歳牡牝、17頭)が行われ、単勝2.25倍の1番人気に推されたオーソライズド Authorized(牡3、英P.チャプルハイアム厩舎)が圧勝。手綱を取ったL.デットーリ騎手は15回目の挑戦で初めてG1英ダービーを制した。勝ち時計は2分34秒77、馬場状態は Good(稍良)だった。
オーソライズドは後方からの競馬。鞍上のデットーリ騎手が最後の直線でおもむろに外に持ち出し気合をつけると、見る間に他馬に並びかけた。そして、追い出すと手応え通りの伸びを見せ、ゴールまで駆け抜けた。
独走態勢を築いたあとは舌を出しながら走り、まだ未完成な部分も垣間見せながら、2着のイーグルマウンテン Eagle Mountain につけた差は5馬身。“オースライズド強し”を強烈に印象付けた今年のG1英ダービーだった。
オーソライズドは父モンジュー Montjeu、母ファンシー Funsie(母の父ソーマレズ Saumarez)という血統の愛国産馬。通算成績は4戦3勝で、2歳時のG1レーシングポストトロフィーに続いてG1・2勝目となった。
次走については、古馬相手のG1エクリプスS(7/7、英サンダウン、芝10ハロン7ヤード)か、G1愛ダービー(7/1、愛カラ、芝12ハロン)になる模様。
なお、今回のG1英ダービーでは、デットーリ騎手が専属契約を結ぶゴドルフィングループに有力馬がいなかったことから、同グループの総帥であるモハメド殿下が特例としてオーソライズドへの騎乗を許可した。今後も同騎手がオーソライズドの手綱を取ることができるかどうかは明らかでない。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外