ニュース

中央

フジキセキ産駒が南アG1を制覇

12月2日に南アフリカのケニルワース競馬場で行われた、南アフリカクラシック第1弾、G1ケープフィリーズギニーで、フジキセキ(牡14歳、父サンデーサイレンス)の豪州産馬サンクラシーク(牝3歳)が優勝した。
フジキセキはG1朝日杯3歳S、G2弥生賞など4戦無敗のまま、1995年に種牡馬入り。98年から2002年まで豪州へシャトルされた。
海外産駒はこれまでにロックオブキャシャル(豪G3WATCエイジャンボウS)、アワフジ(新G3タラナキC)、マルティニフォラス(豪G3AJCサウスパシフィッククラシック)が重賞を制しているが、G1勝ちは今回が初めて。自身が果たせなかったクラシック制覇を、産駒が南アフリカの地で実現させた。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外