ニュース

海外

レイルリンク優勝、ディープ3着/凱旋門賞

現地時間10月1日、仏ロンシャン競馬場でG1凱旋門賞(芝2400m・3歳上牡牝)が8頭立てで行われ、G1パリ大賞典などロンシャン芝2400mの重賞を3連勝中だったレイルリンク(牡3・父ダンシリ)が優勝。ハリケーンラン、シロッコとの3頭出しでここに臨んだA.ファーブル師はG1凱旋門賞7勝目を挙げた。日本中の期待と注目を集めたディープインパクトは3着と敗れた。
好スタートを切ったディープインパクトは、超スローペースの中で2、3番手を追走。直線に向いても手応えは十分で、一旦は先頭に立った。しかし、その直後でレースを進めていたレイルリンクの末脚が炸裂。残り100mでディープインパクトを捕らえて先頭でゴールインした。ディープインパクトは直線一気に賭けた牝馬プライドにも交わされ、無念の3着。
戦前のライバルと目されたA.ファーブル厩舎の古馬2騎はいいところがなかった。ハリケーンランは直線で前が詰まり、立て直して懸命に追い込んだものの離れた4着が精一杯。シロッコは先行したものの、直線では不可解なほどにズルズルと後退、何と殿り負けを喫している。

ニュース一覧

  • 全て
  • 中央
  • 地方
  • 海外