ニュース

  • 中央

    パリターフの凱旋門賞特集(30日)

    29日JRA発表。29日のパリターフは、一面の一部が凱旋門賞特集(残りは、土曜日も凱旋門賞ウィークのため、土曜日に行われるG1競走などの記事)。<BR>『抑止力』(8頭立ての競走)というタイトルで、シックスティーズアイコンが追加登録をしたが、出馬投票の結果、8頭立ての競走となる見込み。ただし、ハリケーンラン、シロッコ、レイルリンク、プライドといった勝馬候補に加えて、日本のチャンピオンホースであるディープインパクトが、武豊騎手を鞍上に、日出づる国から、現象を巻き起こしながら、姿を現した。当日のロンシャン競馬場は、200名近い報道関係者が彼の走りを待っている。こうした馬の他にも、その他3頭が登場。少頭数ではあるが、質の高い競馬を見ることになるだろう、と書かれています。また、裏一面は、昨日に引き続き、地元馬のハリケーンランの特集。『アレッジドの足跡を辿る』という見出し、1977年と、78年に凱旋門賞を連覇したアレッジドから、28年。8頭の馬が、2度目の制覇を目標に凱旋門賞を目指すも、夢叶わず(85年サガスの1着から2着への降着を含めて)。父モンジューも果たせなかった“ダブル”を、息子が成しえることができるか。アレッジドは、日曜日のロンシャンで、後継者に出会うことになるかも・・・と括っています。<BR>

  • 中央

    ディープインパクト、気合がすごい!(30日)

    29日JRA発表。【シャンティイ・エーグル調教場29日7:45調教開始】天候:曇一時小雨。気温:13度。<BR>池江敏行調教助手が騎乗し、乗り運動から、ダートコースをハッキング。折り返しを、ダートコースでキャンター。<BR>C.ラフォン=パリアス厩舎の馬が先導して、2馬身ほど後方で走り、残り2Fで外側に持ち出し、半馬身遅れのまま、馬なりでフィニッシュ(最後の2Fは、17~18秒/F程度)、帰厩は9:50。<BR>池江泰郎調教師の話「今日の調教も満足のいくものでした。後ろからついていき、追い越さないままでよく我慢してくれました。もう、馬はレースで走りたい!、という気持ちが前面に出ています。明日は、予定通りダートコースで少し時計を出します」。<BR>池江敏行調教助手の話「気合がすごい!かなりきてる!!今日は、リードホースの5m後ろをついて最後まで追い抜かないよう、半馬身遅れたまま我慢してくれました。追い越してしまったら、意味がありませんから。ディープには、レースを前にして、良い勉強になりました。素晴らしい調教ができたこと、ラフォン=パリアス厩舎スタッフの協力なくしては、ここまで来れませんでした。本当に感謝しています。<BR>市川明彦厩務員の話「自分は、とてもリラックスできています。昨晩もよく寝れましたよ。自分が緊張しても……という思いもありますが、これも、こちらに来るまでは、いろんな心配もしていましたが、ここまで自分が思い描いていた以上に、パーフェクトに調整することができたからです。レースでは、無事に走って帰ってきてほしい、それだけです」。<BR>西内荘氏の話「2週間ぶりに足元を見ましたが、鉄はほとんど減っていません。前にも話しましたが、パワーがついた今のディープと、こちらの馬場が本当にフィットしています。このまま競走に出走しても大丈夫ですが、今日は前脚、明日は後脚を勝負鉄に打ち換えます。日本にいるときよりも、良い状態ですよ」。<BR>

  • 中央

    騎手あと何勝

    10/1(日)<br>菊沢徳(札幌)<br>あと8勝で600勝<br> 1Rノボスコーピオ<br> 4Rツカサオウカ<br> 5Rダイワアスカロン<br> 6Rフリーダムホーク<br> 7Rトラッドスキーム<br> 8Rキラウエアシチー<br> 9Rヤマカツダンサー<br>10Rベリーベリナイス<br>11Rライトニングボール<br>12Rナスケンウインド<br>----------------<br>上村(中京)<br>あと3勝で400勝<br> 1Rホッコーサンライズ<br> 2Rスズカワンダー<br> 3Rケイズヒロイン<br> 5Rカノヤザクラ<br> 6Rアグネスコメット<br> 7Rナムラオシリス<br> 9Rケイウンバクシン<br>10Rイセノイチ<br>11Rペールギュント<br>12Rテンシノダンス<br>----------------<br>小池(中京)<br>あと1勝で300勝<br> 1Rタケカサチノヤマ<br> 2Rニシノスカーレット<br> 6Rマルブツタフネス<br> 7Rシュンキチ<br>----------------<br>太宰(中京)<br>あと3勝で200勝<br> 1Rクローザー<br> 2Rステルスシャドウ<br> 5Rチャームピアス<br> 7Rゴールドイモン<br>12Rシーアリア<br>----------------<br>赤木(中京)<br>あと5勝で100勝<br> 1Rキングケイザンオー<br> 2Rデライトフルデイ<br> 5Rヨドノドリーマ<br> 6Rアリスマティック<br> 7Rショウエンジェリコ<br> 8Rアグネスラッセル<br> 9Rマルカシリウス<br>10Rゲイリーリボルバー<br>12Rエムテイコウテン<br></body></html><BR>

  • 中央

    ディープインパクト、完全に戦闘モード

    28日JRA発表。【シャンティイ・エーグル調教場28日7:30調教開始】天候:晴。気温:13度。<BR>池江敏行調教助手が騎乗し、乗り運動からダートコースをハッキング(軽目のキャンター)のみ。帰厩9:00。<BR>池江泰郎調教師の話「昨日は一番いいコースを使用させていただき、フランスガロ・シャンティイ場長には大変感謝しています。昨日の最終追い切りも無事調整ができました。(今日のパリターフ一面にディープインパクトの記事が載っていることを見て)光栄です。身が引き締まる思いです。土曜日の最終調整に向けて引き続きしっかりやっていきたいと思います」。<BR>池江敏行調教助手の話「今日跨ったら、手脚がガラッと軽くなっていました。ハッキングだけでしたが、素軽かったです。この馬は、日本にいるときから、自分か武豊騎手が3~4回乗れば、きっちり本番で走れる体つきになります。今回も同様ですね。日本と同じ雰囲気にあります。完全に戦闘モードに入りました。自分はあと2日、全力で調整していきたいと思います」。<BR>本日のパリターフの一頁に、ディープインパクトの最終追い切りの様子が、記事掲載されております。『靄のかかった中での追い切りだったが、しまいの動きには惹きつけられた。武豊騎手も仕上がりには満足しているようだ』との内容でした。『ARC J-3』(凱旋門賞まで、あと3日)。パリ市内の地下鉄主要駅にも大型の広告が連貼りされるなど、徐々に現地の雰囲気も本番に近づいているようです。<BR>