ウィークリーログ

    
  • Photo西村敬

    西村敬ー調教取材

    ヴェロックス(東京スポーツ杯2歳S)前走時(野路菊S)は1週前も当該週もあまり動きがいいとは思わなかった。レースでは勝ったカテドラルにうまくペースを握られ、結局これに追いつけず2着まで。ただ、悲観するような内容ではなかった。間隔を開けて十分に乗り込まれ、今回は推進力が違っている。素質馬揃いの一戦でもまず勝ち負けに。ノーヴァレンダ(もちの木賞)前走は2番手から抜け出して3馬身半差の圧勝。脚抜きのいい馬場でペースも遅かったとはいえ、ラスト12秒0-11秒8は速い。この中間も気配良し。昇級でも期待できる。